SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三菱総研、サプライチェーンのセキュリティリスクにコンサル支援を開始

 三菱総合研究所(以下、MRI)は、米セキュリティ企業であるSecurityScorecardのセキュリティレイティングサービス「SecurityScorecard」を用いたコンサルティングサービスを4月11日から提供開始することを発表した。

 SecurityScorecardとは、インターネットから収集した世界中の企業のセキュリティ関連情報を独自のアルゴリズムで分析し、リスクの状態を100点満点で定量評価するもの。

 MRIは同サービスから得られる情報を活用し、グループ会社や取引先のセキュリティ対策実施状況を俯瞰的に調査し、問題の有無を評価する。さらに、問題が確認された場合はその改善策も提示するという。

 そのほかにも、同サービスを自社で運用していくための支援のほか、目指すべき組織体制のあり方やPDCAサイクルの構築に向けた支援を行う。

 また、対象部門についてもITのみならず、グループ会社管理部門、調達部門、研究開発部門など、サプライチェーンリスクに課題を抱える顧客へも対応するという。

 同社は複雑化し続けるサイバーセキュリティの課題に対して、三菱総研グループの総合力で応えられるよう、サービスの高度化を継続的に図っていくとしている。

【関連記事】
継承難しい熟練技能をAIで 三菱総研DCSと中島合金が純銅鋳造で実証実験
三菱総研DCS、ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」でDXの迅速化を支援
2022年地政学リスクによるサイバー攻撃にIT部門はどう対処すべきか WithSecure (旧F-Secure)ミッコ・ヒッポネン氏に聞く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15839 2022/04/11 18:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング