SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本初の自衛隊多国間サイバー競技会に、マクニカが技術支援と発表

 マクニカは4月19日、陸上自衛隊が3月1日に開催した「令和3年度多国間サイバー防護競技会」において、競技開催にともなう技術支援を行っていたと発表した。

 この競技会は、サイバー領域における能力強化を図るため、被攻撃システムに対して分析を行い、事態を解明し、防御対策について案出を行う防護演習形式で実施されたもの。

 防衛省の発表では、参加部隊は陸海空自衛隊のほか、米国やオーストラリア、フランスなども参加している。

 同社は、従来より組織内の研究部門で東南アジアに対するセキュリティ脅威情報の収集・分析を実施。また先進的セキュリティプロダクトの取り扱いによる、最先端のテクノロジーの知見およびその運用ナレッジを蓄積していたという。

 さらに、これまでにも自社イベントや陸上自衛隊のサイバー領域強化の取り組みで競技会を過去から開催した実績があった。

 そこで競技会では、これまでの知見や経験を生かし、競技会の問題作成やクラウドベースで利用可能な競技環境の設計および構築、競技会当日の採点および解説などを行ったとのこと。

 同社は今後も、本競技会のようなプロダクト提供に限定しないサービスの開発・提供を強化することで、社会のセキュリティ向上への寄与に今後も努めていくという。

【関連記事】
アナログな製造工程手順をDXで改善 マクニカが「Pathfinder」販売開始
マクニカがセキュリティ脆弱性のリスク順位付けサービス「LeanSeeks」を提供へ
マクニカ、大規模EC事業者向けに商品管理支援AIを提供 人手不足の解消や工数削減を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15888 2022/04/19 20:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング