EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

イオングループがApptioを採用 コスト可視化と投資対効果向上を目指す

  2022/05/10 19:15

 Technology Business Management(TBM)を実現するSaaSソリューション「Apptio」を提供するApptioは5月10日、イオングループのITソリューション企業であるイオンアイビスが、同グループのDXを支えるITファイナンスマネジメント基盤として、Apptioを採用したことを発表した。

 TBMとは、Apptio創業者であるSunny Guptaが提唱した、ITリソースから事業部門のニーズまでを統合的にマネジメントするメソドロジーだ。

 イオンアイビスは、イオングループで利用するITインフラのシステムの開発や保守・運用、コンサルティングを中心とした業務を担う。

 同社ではITを活用した改革をさらに推進するため、システム別のコストを詳細に可視化し、投資対効果を最大化することを目指して、プロジェクト「NABI」がスタート。当初は全機能を新規に開発することが検討された。

 しかしTBMの存在を知ったことで、ApptioのSaaSソリューションとNABIを連携させ、開発期間の短縮や高度なITファイナンスオペレーションが実現できることを見込み、採用したという。

 イオンアイビスはApptioを活用し、IT投資管理業務の大幅な効率化とIT予算の予実管理の精度の向上、システムごとのTCO管理、そしてプロジェクトごとの支出管理など、ITファイナンスの領域全般の高度化を実現するとしている。

 Apptioは今後も、イオンアイビスの目指すITの活用による改革の実現に向けて、TBMの体現を支援していくという。

【関連記事】
2人でグローバル規模のクラウドを統括 富士フイルムBIのCCoEが進める“クラウド起点の改革”とは
アフラック、Apptio採用でDX戦略推進へ
Apptio、Microsoftとの協業でSaaSソリューションをAzure上で提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5