SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC×しんきん情報サービス、2つのOCR活用した「為替BPOサービス」の稼働を来春には2倍に

 NECは、しんきん情報サービスと協業し、2021年3月より為替BPOサービスを提供開始。城北信用金庫や巣鴨信用金庫、さわやか信用金庫、北上信用金庫、熊本中央信用金庫などBPOサービスの新規加入を含めた、全国44信用金庫1,033店舗で稼働を開始している。両社は、2023年3月には84信用金庫2,100店舗での稼働を予定しているという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 同サービスは、特性の異なる2つのOCR(Optical Character Reader:光学文字認識装置)を用いて、手書きの振込依頼書の文字を読み取り、システム入力までを自動化する機能を備えたもの。機械が判定できない項目のみ人手で入力するという。現在稼働している1,033店舗からは、月間47万件、ピーク時には1日6万件の振込依頼を受け付けている。自動で処理することで、登録式連記帳票では70%以上、全体でも約60%のトータルコスト削減を実現しているという。

 これまでは両社の既存ユーザーの移行を中心に対応してきたが、5月より未加入の信用金庫の利用に向け準備を開始。地方銀行など様々な金融機関への拡大を目指すとしている。

 また両社は今後、自動処理機能の性能を高めながら、年間1,000万件の為替振込処理に対応していく予定だという。さらにAIを用いて、制定帳票だけではなく、私製帳票にも対応した自動処理機能を実装していく計画もあるとしている。

【関連記事】
NECら3社、SGHDグループの物流センターに協調搬送ロボット導入に向けた実証実験を開始
東北大、NECのベクトル型スーパーコンピュータによるクラウドサービスを導入
パーソルテンプスタッフ、オラクルのクラウドERP導入でBPO事業強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15981 2022/05/16 16:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング