EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

三菱地所がインフォマティカを採用 生産性向上と潜在ニーズ発見を目指す

  2022/06/07 14:00

 インフォマティカは6月7日、三菱地所がまちづくりと新サービス創出に向けたデータ連携・分析基盤に、インフォマティカのクラウドデータ管理ソリューション「Cloud Data Integration」を採用したと発表した。

 採用に至った要因としては、SaaSやパブリッククラウドとの親和性が高いマルチクラウド型の基盤である点や、あらかじめ豊富なコネクタが装備されていることから、新規開発が不要ですぐに活用できる部分があったこと。また、データ連携・統合に加えてハブを介した疎結合やAPI開発機能、クラウドを介して新機能が随時追加される点などが挙げられている。

 また、データ連携・分析基盤が整備されたことで、三菱地所では社内業務の生産性が向上したとのこと。

 従来はビル単位の収支や純資産利益率(ROA)を確認する際、既存のテンプレートで作成した請求書や支払い明細のデータを基幹システムから集め、Excelで加工し紙に出力していたが、現在はデータ基盤に繋ぐことで直接BIツールに展開して作業を自動化しているという。

 また社外に対しても、居住者や来街者、就業者向けの事業などデータを横断的に活用することで、社会の潜在ニーズを発見し、新サービスの創出に結びつけるための体制整備につながったとしている。

 今後は、インフォマティカのCDIを活用し、蓄積してきた顧客情報がデータレイクを介して、DWHと連携できる仕組みを構築することを計画しているとのことだ。

【関連記事】
インフォマティカとインキュデータ、デジタルマーケティング戦略支援で協業へ
CDOの職務範囲は拡大【インフォマティカ CDOに関するグローバル調査】
インフォマティカ、エンタープライズ規模のマスターデータ管理製品を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5