SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、既存の基幹システムをデジタル世界に融合する「次世代のITアーキテクチャー」を発表

 日本IBMは、業界変革と共創を推進していくため、既存の基幹システムをデジタル世界に融合する次世代のITアーキテクチャーを発表した。このアーキテクチャーは、金融、保険、自動車、電機・電子、素材、機械、運輸、流通、ヘルスケア・ライフサイエンス、電力・ガス、通信の11業種について定義しているという。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 同社は、リアルとデジタルを一体化し業界横断的なサービスを実現していくためには「リアルとデジタルを結びサービスに関わるすべての視点で体験を作り上げる技術」「組織を超えてつながり共創する技術」「自律的に判断し最適化する技術」「IT環境にとらわれないための技術」といった4つのテクノロジーの実装が不可欠だとしている。今回発表した次世代のITアーキテクチャーは、この4つのテクノロジーの実装と連携を提示。さらに、創造性の領域にまで踏み込んだ自動化によって、顧客体験の提供を加速する。

 日本IBMは今後、先進IT、グローバルでの経験や高度化するAIの活用、パートナーとの連携などにより、顧客とともにデジタル変革を実現していくという。

 なお、これは、2018年に発表したAIなどの最新技術を活用した業界ごとのデジタル変革戦略を推進する「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」の進化版だとしている。

【関連記事】
IBM、世界のAI導入状況に関する調査結果を発表 中印ではIT組織の6割で活用
日本IBM、歯科治療利用者が手軽に医師などへ相談できる回答案提示ソリューションを発表
日本IBMとキンドリル、リコーのDX加速に向けパートナーシップを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16319 2022/07/15 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング