SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三井住友信託銀行、UiPath導入により4年で累計40万時間以上を創出

 UiPathは、三井住友信託銀行が、自動化プラットフォーム「UiPath」を活用して、4年間で累計40万時間以上を創出するなどの成果を上げていると発表した。

 三井住友信託銀行は、少量多品種業務の効率化を目的として、2018年にUiPathを本格導入。現在は、大幅な業務工数の削減に成功するとともに、業務品質や顧客フォローの向上など、業務効率化の枠を超えて、UiPathを活用しているという。

 同行による主な取り組み成果は、以下の通り。

  • UiPath Orchestratorで自動化ワークフローを統制・管理
  • UiPath Test SuiteでRPAテストを自動化予定、他のシステム開発にも応用を検討
  • 業務プロセスの標準化やリスク管理においても成果
  • 5時間を要していたオンラインセミナーのアンケート結果集計業務を30分に短縮

 今後、三井住友信託銀行は、適切な顧客に発信するマーケティングや提案の手段としてもUiPathを活用していく方針だとしている。

【関連記事】
3年以内に自動化市場は3000億規模に拡大 UiPathが今後の市場見通しと事業方針を発表
ジオテクノロジーズ、UiPath活用で地図データの変動に対応 23年4月までに業務生産性を3倍に
3年以内に1,500名以上のDX人材を育成へ 電通国際情報サービスがUiPathと協業事業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16331 2022/07/19 15:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング