SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ハイブリッドクラウドとAIの需要により全世界で成長【IBM 2022年度第2四半期の連結決算】

 IBMは、米現地時間7月18日、2022年度第2四半期の連結決算を発表した。

 同会長兼最高経営責任者(CEO)のアービンド・クリシュナ(Arvind Krishna)氏は、次のようにコメントしている。「第2四半期、IBMは戦略を着実に実行したことに加え、ハイブリッドクラウドとAIへの需要にも牽引され、全世界でバランスよく成長し、良好な成果をあげることができました。上半期の業績から、当社は2022年度通期で1桁台後半での収益増加を見込んでいます」。

第2四半期のハイライト

  • 第2四半期の収益は9%増、為替変動の影響を除いた場合は16%増(Kyndrylへの外部売上による約5ポイントを含む)の155憶ドル
  • ソフトウェア事業による収益は6%増、為替変動の影響を除いた場合は12%増(Kyndrylへの外部売上による約7ポイントを含む)
  • コンサルティング事業による収益は10%増、為替変動の影響を除いた場合は18%増
  • インフラストラクチャー事業による収益は19%増、為替変動の影響を除いた場合は25%増(Kyndrylへの外部売上による約7ポイントを含む)
  • ハイブリッドクラウドによる収益は過去12ヵ月間で、16%増の217憶ドル、為替変動の影響を除いた場合は19%増

第2四半期のセグメント別業績

1. ソフトウェア事業(ハイブリッド・プラットフォーム&ソリューション、トランザクション処理を含む):収益は6.4%増、為替変動の影響を除いた場合は11.6%増(Kyndrylへの外部売上による約7ポイントを含む)の62億ドル

  • ハイブリッド・プラットフォーム&ソリューションは4%増、為替変動の影響を除いた場合は9%増(Kyndrylへの外部売上による約1.5ポイントを含む)
    • Red Hatは12%増、為替変動の影響を除いた場合は17%増
    • オートメーションは4%増、為替変動の影響を除いた場合は8%増
    • データ&AIは増減なし、為替変動の影響を除いた場合は4%増
    • セキュリティーは増減なし、為替変動の影響を除いた場合は5%増
  • トランザクション処理は12%増、為替変動の影響を除いた場合は19%増(Kyndrylへの外部売上による約22ポイントを含む)
  • ソフトウェア部門のハイブリッドクラウドの収益は14%増、為替変動の影響を除いた場合は18%増

2. コンサルティング事業(ビジネス・トランスフォーメーション、テクノロジー・コンサルティング、アプリケーション・オペレーションを含む):収益は9.8%増、為替変動の影響を除いた場合は17.8%増の48億ドル

  • ビジネス・トランスフォーメーションは9%増、為替変動の影響を除いた場合は16%増
  • テクノロジー・コンサルティングは14%増、為替変動の影響を除いた場合は23%増
  • アプリケーション・オペレーションは9%増、為替変動の影響を除いた場合は17%増
  • コンサルティング部門のハイブリッドクラウドの収益は20%増、為替変動の影響を除いた場合は29%増

3. インフラストラクチャー事業(ハイブリッド・インフラストラクチャー、インフラストラクチャー・サポートを含む):収益は19.0%増、為替変動の影響を除いた場合は25.4%増(Kyndrylへの外部売上による約7ポイントを含む)の42億ドル

  • ハイブリッド・インフラストラクチャーは34%増、為替変動の影響を除いた場合は41%増(Kyndrylへの外部売上による約7ポイントを含む)
    • IBM z Systemsは69%増、為替変動の影響を除いた場合は77%増
    • 分散インフラストラクチャーは11%増、為替変動の影響を除いた場合は17%増
  • インフラストラクチャー・サポートは2%減、為替変動の影響を除いた場合は5%増(Kyndrylへの外部売上による約8ポイントを含む)
  • インフラストラクチャー部門のハイブリッドクラウドの収益は24%増、為替変動の影響を除いた場合は30%増

4. ファイナンシング事業(クライアントおよび商用ファイナンシングを含む):収益は29.9%減、為替変動の影響を除いた場合は26.6%減の1億ドル

2022年度通期予測

  • 収益の拡大:同社は、為替変動を考慮しない場合の収益増加を、1桁台半ばのレンジで高い値になると予測。また、Kyndrylへの外部売上により、追加で3.5ポイント増となることを予測している。2022年7月中旬の為替レートで、通貨は約6ポイントの逆風になると予測

【関連記事】
日本IBM、既存の基幹システムをデジタル世界に融合する「次世代のITアーキテクチャー」を発表
IBM、世界のAI導入状況に関する調査結果を発表 中印ではIT組織の6割で活用
日本IBM、歯科治療利用者が手軽に医師などへ相談できる回答案提示ソリューションを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16338 2022/07/20 15:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング