SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、厚労省など「3省2ガイドライン」に対応したOCLのセキュリティ・リファレンスを公開

 日本オラクルは、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」が厚生労働省、経済産業省および総務省が定める医療機関向けクラウド・サービスの利活用に関するガイドライン(通称:3省2ガイドライン)に対応した、セキュリティ・リファレンスの公開をした。

 このセキュリティ・リファレンスは三菱総合研究所の支援のもと、日本オラクルが医療機関向けの情報セキュリティ・ガイドラインへの準拠状況を確認・整理し、公開したというもの。

 医療機関ではこれまで、個人情報の性質や非常時を想定した可用性の確保などの観点から、クラウド利活用はあまり進んでいなかったという。しかし、ヘルスケア分野におけるデータ利活用や災害対策としての医療データの保全など、医療機関においてもクラウド・サービスの採用が増加傾向にあるとのこと。

 さらに新型コロナにより、リモート会議などによる人的接触回数の低減や非対面による診療サービスの提供、効率的な事務手続きによる病院滞在時間の短縮などのニーズがこれまで以上に高まったことで、クラウド・サービスを利用する医療機関が増えている。

 今回公開した「医療機関向け『Oracle Cloud Infrastructure(OCI)』対応セキュリティ・リファレンス」は、OCIを利用した医療情報システム構築を想定し、OCIが3省2ガイドラインに適合しうるかどうかを調査し整理している。

 同社は、これを利用することでガイドラインへの適合性確認を容易に進めることが可能となるとしている。

 今回の発表を受け、日本オラクルの社長である三澤智光氏は、次のように述べている。

 「今回公開したセキュリティ・リファレンスを、医療機関を含め多くの国内事業者が活用することで、これまで以上にクラウド環境の利用が促進され、業務プロセスがより効率化されることを期待しています」

【関連記事】
日本オラクル、シミックがArgus Cloud Serviceを採用と発表 希望製薬会社にレンタルも
日本オラクル、2023年度事業戦略を発表 ITコスト構造の変革へ寄与
キンドリル、オラクルとのパートナーシップを発表 クラウドサービス分野で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16416 2022/08/02 18:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング