SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インテル、開発者が直面するセキュリティなどの課題解決に向けたソリューション・新製品を発表

 インテルは、2回目の開催となる年次のIntel Innovationイベントで、シリコンレベルで「Systems of Chips」を実現させるオープン・スタンダードの推進から、効率的かつ移植性の高いマルチアーキテクチャーAI(人工知能)の開発まで、数々の最先端テクノロジーを公開した。

 また同社は、広範な開発者エコシステムの支援として、課題の解決と、今後数世代にわたるイノベーションの実現に寄与するハードウェア、ソフトウェア、サービスなど、新製品の発表も実施。

 インテル コーポレーション CEO(最高経営責任者)のパット・ゲルシンガー氏は基調講演で、開発者が直面している多くの課題の中から、特定ベンダーへの依存(ベンダーロックイン)や、最新ハードウェアの利用、生産性と市場投入に要する時間、セキュリティなどを取り上げ、解決策となるソリューションを提示したという。その一部は次のとおり。

Intel Developer Cloud

 Intel Developer Cloudは、インテルのテクノロジーを製品発売の数ヵ月前から最長で1年先行して有効利用可能。一部の顧客と開発者は、第4世代 インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー(開発コード名:Sapphire Rapids)、広帯域幅メモリー(HBM)を内蔵した第4世代 インテル Xeon プロセッサー、インテル Xeon Dプロセッサー、Habana Gaudi2 ディープラーニング・アクセラレーター、インテル Data Center GPU(開発コード名:Ponte Vecchio)、インテル Data Center GPU Flexシリーズの試用とテストが可能だとしている。

コンピューター・ビジョンAIを実現

 コラボレーション型の新しいインテル Geti コンピューター・ビジョン・プラットフォーム(従来の呼称:Sonoma Creek)により効果的なAIモデルを開発できるようになるという。このプラットフォームにより、1つのインターフェースを介してデータのアップロード、アノテーション、モデルの学習と再学習のすべてが可能になり、モデルの開発に要する時間とコストの削減に加え、AIの専門知識も不要になるとのこと。OpenVINOツールキットへの最適化が図られており、開発チームは高品質のコンピューター・ビジョンAIを社内に導入して、イノベーションと自動化、生産性の向上を促進できるという。

 Intel Developer Cloudは、インテル oneAPI ツールキットやインテル Getiプラットフォームなど、パフォーマンスの最適化を念頭に設計された開発者用のツールやリソースとの併用により、インテル プラットフォーム上に構築されたソリューションの市場投入までの時間を短縮するとしている。

【関連記事】
インテル、中小企業のクラウド利活用推進のため「SaaS事業者向けプログラム」を開始
インテル、東京オフィス内に「インテル データ・セントリックCoE」を開設
NTTドコモ、CMPC市場拡大に向けてインテルと連携協定を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16693 2022/09/29 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング