SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本企業のほとんどがデータ活用の取り組みにおいて成果を得られていないと回答──Gartner調査

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、日本におけるデータ活用の取り組みに関する調査を7月に実施し、その結果を発表した。

 自社のデータ活用で得ている成果に対する評価を尋ねたところ、「全社的に十分な成果を得ている」との回答は2.2%にとどまり、ほとんどの企業では全社的な成果を得るまで至っていないことが明らかになったという。一方で、自社の一部も含めて「ある程度」の成果を得ていると回答した割合は、合わせて78.8%に上った。

データ活用に対する積極性を評価して高めることが重要

 回答者自身のデータ活用に対する取り組み姿勢ならびに所属する組織(自社)の取り組み姿勢について尋ねた設問では、自身が「非常に積極的」であるとした回答者が19.0%であったのに対し、自社が「非常に積極的」とした回答者は8.3%だった。

 一方、自身のデータ活用の取り組みに対して、積極的あるいは消極的と評価する理由について複数回答で尋ねたところ、積極的な理由の上位3項目には、データが意思決定に役立つ(71.7%)、ビジネス状況を把握できる(68.6%)、関係者への説得力が向上する(65.9%)が挙げられた。消極的な理由の上位3項目は、必要なデータが手に入らない(60.6%)、スキルが不足している(54.5%)、周囲が消極的(36.4%)となった。

データ活用に関する自社の従業員教育・資格制度の状況

 同調査では、データ活用に関する自社の従業員教育や資格制度の状況についても尋ねた。その結果、半数強の組織が、何かしらの教育環境や制度を持っていたが、「教育や資格制度、手当はない」を選択した組織が、43.6%で最多だった(図1参照)。

図1. データ活用に関する自社の従業員教育・資格制度の状況<br/>[画像クリックで拡大表示]
図1. データ活用に関する自社の従業員教育・資格制度の状況
[画像クリックで拡大表示]

 Gartnerは、データ活用を推進してビジネス成果を得たいと考える組織のデータとアナリティクス(D&A)のリーダーは、単なる人材不足以上に、スキルの適切な配置と役割の定義を考える必要があるとしている。

【関連記事】
Gartner、「日本におけるセキュリティのハイプ・サイクル」を発表 SSEなど5項目追加
Gartnerが「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表
Gartner、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表 25のテクノロジを3つに分類

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16749 2022/10/06 18:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング