SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東芝デジタルソリューションズの「AI OCR文字認識サービス」、「AirLake」と連携開始

 東芝デジタルソリューションズは10月24日、同社が提供する提供する「AI OCR文字認識サービス」および「RECAIUS(リカイアス)ナレッジプラットフォーム」と、DATAFLUCTのノーコードクラウドデータプラットフォーム「AirLake」との連携を開始した。

画像を説明するテキストなくても可

DATAFLUCTのデータ基盤「AirLake」とシステム連携イメ―ジ

[クリックすると拡大します]

 連携では、AirLake内に蓄積された帳票や紙書類等の多様なデータを、AI OCR文字認識サービス、RECAIUSナレッジプラットフォームを用いて、業務活用しやすいデジタル形式へ変換・仕分け等を行い、再びAirLakeに蓄積するという。これにより、その後のデータの分析・活用等が容易になり、課題解決や業務の効率化に貢献する。

 連携システムは、製造業をはじめ、保険や建設、インフラ等、手書き自由記述を含む紙書類を取り扱う様々な業界で活用できるという。

連携サービスの内容

  1. AI OCR文字認識サービスとの連携:取り消し線や吹き出しなどを含んだ手書き文字やページ全体の読取機能に加え、各種帳票の識別機能、訂正・チェック回数などを組めるワークフロー機能などにより、業務の効率化に貢献
  2. RECAIUSナレッジプラットフォームとの連携:インシデント発生時に部位や原因等をキーワードにして検索すると、蓄積された事例と現在の状況についてエピソードをもとに比較し、有効な対策を得ることができる

【関連記事】
東芝デジタルソリューションズ、サプライチェーンを可視化し事業活動を支援するクラウドサービスを提供
東芝テック、POSパネルデータを「Snowflake マーケットプレイス」上で提供開始
東芝、グループ10万人の全社ファイルサーバーにNTT Comの「ストレージ最適化ソリューション」採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16842 2022/10/24 18:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング