SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

freee、「freee 販売」を提供開始 転記作業の負担軽減、請求漏れなどを解消へ

 11月1日、freeeは新プロダクト発表会を開催した。

 同社freee販売開発責任者 佐藤顕範氏は、「これまで『freee 会計』『freee 人事労務』などバックオフィス領域でサービスを拡大して参りました。今回、統合型経営プラットフォームの実現に向けて『販売管理』にも拡大していきます」と述べて説明を始めた。

freee freee販売開発責任者 佐藤顕範氏
freee freee販売開発責任者 佐藤顕範氏

 冒頭、架空のホームページ制作会社を舞台にした寸劇により、販売管理における課題とフローを紹介。Excelによる案件管理、紙の見積書を郵送したり、同僚の上書き保存によってデータが消えたりなど「請負型の企業にとって“あるある話”です」と佐藤氏は述べた。

寸劇の様子、架空の営業担当者が販売管理における課題に直面していく
寸劇の様子、架空の営業担当者が販売管理における課題に直面していく

 具体的な販売管理における課題として「入力・転記の作業負担」「請求漏れ、支払い漏れ」「収支実績や粗利率が分からない」という3つを挙げ、「こうした課題を解決するべく『freee 販売』を提供します」と佐藤氏。クラウド会計ソフトと一体で使える製品という点において国内初だとした。

 同製品の特長として、期日管理機能による転記ゼロ、自動で売上・利益を可視化するため関数・グラフの作成不要、「freee 会計」との連携により、仕訳の登録や請求・入金状況などをリアルタイムで確認できる点などを挙げた。特に「freee 会計」と1クリックでサービス間を遷移できる点がユニークであるとして、「紙やExcelでは年間480時間の作業時間が発生するが、『freee 販売』により約80%削減できます」と自信を見せる。また、インボイス制度に対応しており適格請求書に沿った形で請求書を作成可能だとした。

freee会計・freee販売それぞれの管理画面から1クリックで遷移することが可能
freee会計・freee販売それぞれの管理画面から1クリックで遷移することが可能

 さらに、請求書の送付漏れなども防止できるとして、自動で請求書を一覧化して送付ステータスなどを表示する機能を紹介。絞り込み機能により、1ヵ月以内に送付しなければいけないものなどを簡単に絞り込めるとアピール。自動的に粗利の見込みなども可視化できるとして、「使っていただくだけで収支実績も可視化でき、経営のアクションにもつなげることができます」と佐藤氏は説明する。

 なお、有形商材向けに在庫情報をリアルタイムで反映できるような「在庫管理機能」、より見やすいインターフェースを実現する「わかりやすいグラフ表示」、見積もりや発注の申請・承認機能により、大きな組織における意思決定の迅速化につながる「稟議/承認機能」などの機能追加も予定しているという。

 最後に佐藤氏は、「『誰でも経営状況の可視化ができ、判断に自信が持てるように』という世界を『freee 販売』で目指していきます」と展望を述べて締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16891 2022/11/01 18:24

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング