SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Ivanti、第2~第3四半期のランサムウェアレポートを発表 ランサムウェアは19年以降466%増に

 Ivantiは、Cyber Security Works、Cywareと実施した「ランサムウェア インデックスレポート Q2-Q3 2022 」の結果を発表した。

 本レポートによれば、ランサムウェアは2019年から466%増加。ウクライナとロシアのサイバー戦争に見られるように、実際の戦争の前兆として利用されるケースが、加速的に増大していることが明らかになったという。

 また、新たに10種類のランサムウェアファミリー(Black Basta、Hive、BianLian、BlueSky、Play、Deadbolt、H0lyGh0st、Lorenz、Maui、NamPoHyu)が確認され、合計170種類となってるとのこと。

  ランサムウェアの攻撃者は、101あるCVEをフィッシング対象とするため、ますますスピアフィッシング手法を利用し、無防備な感染者から悪質なペイロードを仕掛ける傾向が強まっている。

 Pegasusの例では、単純なフィッシングメッセージが最初のバックドアアクセスの作成に使用され、iPhoneの脆弱性と相まって、世界中の多く著名人への侵入や侵害が引き起こされているという。

 またレポートでは、 ランサムウェアが重要インフラに与える影響を分析し、最も被害の大きかった3つの分野は、医療、エネルギー、基幹製造業であったことが報告されている。 ランサムウェアの脆弱性の47.4%が医療システムに、31.6%がエネルギーシステムに、21.1%が基幹製造業に影響を与えているとのことだ。

【関連記事】
教育機関のランサムウェア被害が増加 ソフォスの業界別の調査レポートで明らかに
ランサムウェア対策への新たな選択肢 バックアップデータを確実に守る「不変ストレージ」とは
バラクーダがランサムウェア攻撃の調査レポートを発表 Lockbitなどの攻撃事例も掲載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16907 2022/11/04 20:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング