SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

荏原製作所、同グループの国内外IT資産管理にタニウムを採用 パッチ適用のセキュリティ負担が大幅改善

 タニウムは、荏原製作所が同グループのIT資産管理のため、Taniumを導入していることを公表した。

 荏原製作所は、ネットワークに負荷をかけることなく、リアルタイムにすべての端末の「今の状況」をすばやく把握できるレスポンスの速さから、Taniumの採用に至ったとのこと。

 同社は2021年に全世界で約1万3000台の端末を管理対象とした運用を開始。それまでパッチの配信には、WSUS(Windows Server Update Services)を使用していたものの、パッチが正しく適用されていたのは約4割程度だったという。

 そこでTaniumを採用し、パッチ適用する運用に切り替えた結果、現在は9割以上のPCを最新のパッチが適用された状態で維持できているほか、状況が可視化されていることで運用負荷軽減にもつながったとのこと。

 さらに、海外の状況をファクトベースで可視化できることも大きな利点となったという。従来は現地へのヒアリングベースで情報収集を行なっていたことで、正確性だけでなく網羅性にも課題があったものの、日本から海外の状況をリアルタイムに可視化でき、パッチを自動的に適用することも可能になった。

 荏原製作所では現在オンプレミス版のTaniumを利用しているが、メンテナンスが不要なTanium Cloudへの移行計画を進めているという。今後はTanium Cloudを使用し、国内グループ会社と併せてこれらの拠点のIT資産を運用するとしている。

【関連記事】
舶用電機メーカーのフルノ、グローバル事業のセキュリティ環境構築に向けタニウムを採用と発表
タニウム、Tanium SBOMを発表 オープンソースソフトに潜むサプライチェーンリスクを未然防止
タニウム、新設の「アジア太平洋日本地域」責任者に古市氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17372 2023/02/15 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング