SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラクス、サービス基盤に「Dell VxRail」を導入 インフラコスト削減を実現

 デル・テクノロジーズは、ラクスが提供する特定業務ソリューション「楽楽シリーズ」のインフラ基盤に、ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)「Dell VxRail(以下、VxRail)」を提供し、インフラコストを削減したことを発表した。

 ラクスの「楽楽販売」「楽楽明細」向けのクラウドサービス基盤は、データベースなどの高負荷なアプリケーションが多数存在しているため、物理サーバーベースで、複雑に構成されていたという。

 この課題を解消するため、同社は両サービス基盤の仮想化を決断。VxRailが、この仮想化を実現できると考え、導入に先立ち、本番環境を想定した性能テストを実施した。その結果、I/O性能は最大で200万IOPS以上を発揮、システム要件として想定している約50万程度のIOPSも1ミリ秒という低遅延で安定したI/O処理を確認し、VxRailを採用するに至ったとしている。

システム構成図<br/>[画像クリックで拡大表示]
システム構成図
[画像クリックで拡大表示]

 VxRailの導入により、楽楽販売が使用していた15ラック分のスペースが2ラックに収まると同時に、データセンターの場所代や電気料金などのコストも削減。サービスの収益性を高めることが期待できるという。

 また、運用管理や障害対応などにともなう作業負担を軽減することにも成功。特にインフラを拡張するスピードが向上し、ファームウェアやVMware vSphereのアップデート作業が容易になり、それらの作業を約1ヵ月から1日に短縮できたとしている。

 ラクスは今後、環境改善を継続的に推進し、その一環として、VxRailとVMware vSphere/VMware vSANの最新機能を活用していくという。

【関連記事】
大分三愛メディカルセンターがデル・テクノロジーズのソリューションを採用 各種業務のデータを一元管理に
約半数のITリーダーがDXに必要なことを理解も、課題に直面か──デル・テクノロジーズ調査
デル・テクノロジーズ、サイバーセキュリティの検証環境を提供する「CoE」を2023年春にオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17675 2023/04/25 16:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング