SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

スリーシェイク、「PagerDuty」導入支援サービスを開始 ITインシデント対応の運用効率向上へ

 スリーシェイクが提供するSRE(Site Reliability Engineering)総合支援サービス「Sreake」は、システムのインシデント対応を一元化するプラットフォーム「PagerDuty」の導入支援サービス「PagerDutyパッケージ」を新たに正式リリースした。

 今回発表したサービスは、SRE支援を通して得た経験とノウハウを基盤に、企業がPagerDutyを導入・運用できるよう支援するサービス。企業のITインシデント対応を促進し、サービスの品質や運用効率の向上をサポートするという。

 Sreakeは、SREの導入、実践に向けた伴走型コンサルティングサービスだ。金融、製造、小売、AI、メディアなどの領域で、Googleの提唱するSREの考え方に基づき、クラウドネイティブな技術導入、開発/運用プロセスの支援を行っている。AWS、Google Cloud、Kubernetes、Observability、DBRE、MLOpsなどの知見を集約し、文化も含めた「インフラ」を整備。企業のSRE内製化をゴールとしてサポートする。

 PagerDutyの代表取締役社長を務める山根伸行氏は、「PagerDutyパッケージの正式リリースにより、企業はPagerDutyの導入・運用をスムーズに進め、インシデント対応を実現することができます。PagerDutyもスリーシェイクと連携し、企業にとって価値のあるサービス提供を目指して参ります」と述べている。

【関連記事】
スリーシェイク、脆弱性診断ツールの販売代理店契約をブレインパッドと締結 社内でセキュリティ診断可能に
三菱総研DCSとスリーシェイク、「Securify Scan」に関する販売代理店契約を締結
データ管理の効率化に「DaaS」が注目 スリーシェイク 吉田社長が活用術を解説

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18554 2023/10/10 17:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング