SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通、食品流通業界のEDI共通プラットフォーム構築 食品卸企業向けに運用開始

 富士通は、日本加工食品卸協会(以下、日食協)並びにジャパン・インフォレックス(以下、JII)主導のもと、食品流通業界における非競争領域の連携・共同化を目的とした「共通プラットフォーム構想」におけるEDI基盤サービスベンダーの1社として採用され、「EDI共通プラットフォーム」を構築。JIIは、同構想に加盟する食品卸企業向けに、10月1日より同プラットフォームを運用開始した。

 同取り組みは、日食協が掲げる同構想において、JIIと加盟する食品卸企業などの間で、各社のシステムに共通する機能を共同で利用できるEDI共通基盤と流通BMSを基本とした卸標準フォーマットの推進に基本合意のうえ、5月26日に発表されたもの。これにより、システム開発時のコスト削減、法改正への迅速な対応を目指すという。

 富士通は、EDIサービス基盤「Fujitsu 流通EDIサービス TradeFront/6G」(以下、TradeFront/6G)を活用し、同プラットフォームを構築。TradeFront/6Gでは、法改正などEDIを取り巻く環境変化への対応、取引先との接続、高い可用性により、EDI共通プラットフォームの安心安全なサービス運用を実現するとしている。

「EDI共通プラットフォーム」のイメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
「EDI共通プラットフォーム」のイメージ
[画像クリックで拡大表示]

 同社は今後、同プラットフォームの利用企業拡大、卸標準フォーマット推進、運用標準化を図り、食品流通業界の課題解決、DX化の推進を日食協、JII、および各食品卸企業とともに取り組んでいくという。

【関連記事】
富士通、幻覚・フィッシングURL検出技術を開発 対話型生成AIコアエンジンに搭載して提供へ
富士通、首都圏オフィスを縮小へ 生産性向上に向けて働き方を可視化
富士通、「RISE with SAP」プレミアムサプライヤーとして日本市場向けにクラウドERP提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18557 2023/10/10 15:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング