EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ディアイティ、監査証跡を提供する次世代アプライアンス『SSH Tectia Guardian』を販売 フィンランド発、暗号化通信を不正アクセスから守る

  2009/09/16 17:47

ディアイティは、フィンランドに本社を置くSSHコミュニケーションズ・セキュリティ社が開発した暗号化通信を監視、監査するためのアプライアンスSSH Tectia Guardian(ガーディアン)を10月1日より販売開始することを発表した。
 

SSH Tectia Guardianは、クライアントサーバー間のエンド・ツー・エンド通信データの暗号化、完全性を維持しながら、SSH、RDPを利用した悪意あるアクセスへの対抗。

また、SSH及びRDPの暗号通信におけるコマンド実行や詳細なファイル操作まで含めたログを取得。 取得したログをインデックス化して保管するため、素早い検索が可能で、確実な監査証跡の取得が見込める。そのほか、フォレンジック対応として、「4eyesポリシー」を採用し、独立性を確保。

信頼性の高い監査証跡データを提供するだけではなく、必要に応じて保管されたSSH、RDP、Telnet操作を動画として再生することが可能なため、素早い解析と迅速な問題解決を行うことができるという。

【関連URL】
・「SSH Tectia Guardian」
http://www.dit.co.jp/products/ssh_tectia_series/manager.html#Guardian

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5