SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

藤田医科大学、IBMと協業し電子カルテ・医療情報基盤を稼働 医療データ利活用でDX推進へ

 藤田医科大学と日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、10月2日に開設した「藤田医科大学 羽田クリニック(以下、羽田クリニック)」の包括的な電子カルテ・医療情報基盤をクラウド環境上に構築し、利用開始したことを発表した。

 藤田医科大学は、新電子カルテ・医療情報基盤を活用することで、健診から医療、予後(病気や治療などの医学的な経過に関する見通し)にわたり、患者や臨床の医療者のデータ利活用を支えるという。これにより、厚生労働省が提唱する「医療DX令和ビジョン2030」に先駆けて、医療デジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進するとしている。

 羽田クリニックの新電子カルテ・医療情報基盤には、藤田医科大学病院と同じIBMの病院情報システムIBM Clinical Information System(CIS)を使用。IBMのデータ連携基盤を活用し、国際標準規格のFHIRに準拠した外部のヘルスケア・ソリューションとのデータ連携が可能だという。また、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)が提供するクラウドコンピューティング上で稼働することで、ベンダーや業界を超えてデータを相互交換できるとのことだ。

 日本IBMは、羽田クリニックの電子カルテ・医療情報基盤の構想策定、導入、他部門との連携インターフェースの導入・設定、テストを支援。またAWSは、同社サービス選定・構成検討・院内におけるクラウド利用ガイドラインの作成サポートなどを行ったという。これにより、医療機関におけるクラウド上での電子カルテ・医療情報基盤の構築に向けたセキュリティーの向上を支援した。

 藤田医科大学と日本IBMは今後、AWSの医療機関向けに特化したコンプライアンスに遵守したテクノロジーを活用し、医療DXをともに推進していくとしている。

【関連記事】
日本IBM、地方における女性エンジニアの育成支援に向けてMs.Engineerとパートナーシップ締結
クボタ、日本IBMと共同開発したスマート水道工事システムを提供開始 水道工事現場のDX推進へ
NEC、クラウドおよび仮想サーバーリソースの運用に「IBM Turbonomic」導入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18617 2023/10/18 17:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング