SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Sansan、Innovation Award 2023を発表 日本通運などが受賞

 Sansanは、同社のDXサービスを活用して自社のビジネスや働き方に変化・イノベーションを起こしたユーザーを表彰する「Sansan Innovation Award 2023」の受賞企業を発表した。

 同アワードは、ユーザー同士の経験・ノウハウの共有を活性化させ、デジタル変革を後押しするために開催するもの。受賞企業・団体を「Sansan Innovator」、特別賞の「Sansan DIGITALIST Innovator」、「Sansan Innovator BO Prize」として選出。「Sansan Innovator」ではSansanを活用して、「Sansan Innovator BO Prize」ではBill Oneを活用してDXを加速させたユーザーを選出した。

Sansan Innovator

受賞会社:梅乃宿酒

授賞理由:売上高が伸長する中でコロナ禍の打撃を受け、販路・販売方法の見直しに着手。他業界からの人材確保を強化し、組織的な人脈管理をすることを目的にSansanを導入した。社員が持つ名刺情報を蓄積し活用することで、退職者のつながりから新規商談を創出し、年間で約1億円にも上る取引の成約に至ったという。

受賞会社:日本通運

授賞理由:4000人以上の営業担当が在籍する同社では。情報を共有することの重要性を再認識し、「価値ある情報の蓄積と見える化」によるデータドリブン営業の実践を目的に2019年にSansanを導入。その結果、利用者の7割以上がアクティブユーザーとなり、100万件以上の顧客情報を蓄積することに成功したという。

Sansan DIGITALIST Innovator

受賞会社:アイデム

授賞理由:同社は、人材の採用から戦力化までのコンサルティング事業を展開する総合人材情報サービス企業。ウェブサイトを基軸にした商材・サービスが増え、顧客へのクロスメディア提案の機会が増えたことにより、営業一人当たりの対応業務が増加。持てる顧客接点数に限界があることや、営業手法がアナログだったことを背景にSansanを導入した。社内の誰が顧客の誰とどんな商談を行ったかを可視化し、営業を強化したとしている。

Sansan Innovator BO Prize

受賞会社:ボディワークホールディングス

授賞理由:商業施設や駅ビルなどでのリラクゼーションスペースや温浴施設を運営する同社は、社会情勢の変化によるリモートワーク推進をきっかけにBill Oneを導入した。従来、郵送で受領していた1300通の請求書をすべてオンラインで受領。郵便物を受け取る総務部門の業務削減や経理部門におけるリモートワーク率の引き上げにより、業務生産性の向上を実現したという。

【関連記事】
「Sansan Labs」にGPTを活用した2つの新機能追加、業界動向の把握・企業検索が可能に
SansanとSCSK、「Bill One」と「Add-Value」シリーズの連携を発表
Sansan、NECネッツエスアイと共同で自治体向けに営業DXサービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18632 2023/10/20 19:48

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング