SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウィズセキュア、Salesforce環境のコンテンツリスク診断を行う無料ツールを提供開始

 WithSecure(ウィズセキュア)は、Salesforce環境のコンテンツリスク診断を行うブラウザベースの無料ツールを提供開始することを発表した。

 この診断ツールによって、ユーザーはWebページからいくつかの項目に回答することで、クラウド環境において自社の持つリスクを知ることができるという。

診断結果のサマリーの一部
【画像クリックで拡大】

 クラウドサービスでは「責任共有モデル」が大原則となっており、サービスプロバイダーとその利用ユーザー企業のセキュリティの責任範囲が規定されている。Salesforceは認証、ルール、ユーザー権限、ロールなど、システムおよびアプリケーションレベルといったセキュリティをカバーし、ユーザー企業はSalesforceにアップロードした/されたファイルやリンクなどのコンテンツのセキュリティを確保できるとしている。

 同社は既に、Salesforce環境でのコンテンツ保護サービス「WithSecure Cloud Protection for Salesforce」と、コンサルティングサービスの一環としてクラウド環境診断をポートフォリオにもっている。今回提供を開始するSalesforce環境のコンテンツリスク診断ツールはそれらから培った知見をベースにしているものだという。

【関連記事】
サイバー攻撃におけるツール/戦術の相関関係を予測──ウィズセキュアがリサーチ結果を発表
広告エコシステムをターゲットとした攻撃が増加か──ウィズセキュアが新たなサイバー脅威に関する調査発表
ウィズセキュア、EDRソリューションに新しい監視サービスを追加 24時間のモニタリングを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18833 2023/11/27 18:27

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング