SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

奈良県庁、給付金電子申請システムに「Adobe Acrobat Sign」を採用

 アドビは、奈良県庁の雇用政策課が導入した給付金電子申請システムに、「Adobe Acrobat Sign」が採用されたことを発表した。

 奈良県庁では、デジタル戦略課主導のもと、膨大な書類のやり取りといった従来の紙ベースの業務プロセスにおいて発生していた時間のかかる手続きや作業の効率化に向けた取り組みを行っている。コロナ禍における緊急経済対策の際には、中小企業への支援を提供するために給付金電子申請システムを試験的に導入するなど、デジタルでの将来的な運用を見据えた取り組みを行っていたという。

 こうした取り組みが進む中で、奈良県庁では職員の高い業務負荷や紙書類を中心とした複雑な審査プロセスなどの課題を解決するため、雇用政策課においてAdobe Acrobat Signが連携した新たな給付金電子申請システムを導入。これにより、県内の中小企業は賃上げにともなう給付金申請をオンラインで行うことが可能になったとしている。

 具体的には、申請者は申請書をPDFで入力してオンラインで送信することにより、書類をプリントアウトして郵送する手間が省けると同時に、四則演算機能を用いたリアルタイム申請により計算ミスを防ぐことができたとのこと。また審査側では、申請案件の進捗管理がシステム化されたことによる申請処理漏れの防止や進捗状況を直感的に把握することができたという。

 電子署名を含む給付金支給までのワークフロー全体をデジタル化することで、行政サービスを向上すると同時に職員の作業効率を向上。同県によるシステムの構築および運用は、アドビのパートナー企業であるBlueshipが電子申請プラットフォームとして導入した「ServiceNow」にAdobe Acrobat SignをAPI連携させたことで実現できたとしている。

【関連記事】
前アドビ社長の神谷知信氏、PTCジャパンの社長執行役員に就任 経営体制強化へ
生成AIの利用経験は25-39歳のY世代が最多、15-24歳のZ世代より高い結果に──アドビ調査
重要書類をPDFで保管する企業は約5割、次いで紙が多い結果に──アドビ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19187 2024/02/08 16:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング