SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS、「信頼できるAI」の課題に2つのサービスで回答 AIの透明性・正確性などガバナンス面を支援

 SAS Instituteは、ラスベガスで2024年4月16日~19日(現地時間)にかけて開催した「SAS Innovate」にて、組織が安心してAI技術を活用するための「信頼できるAI」の提供に関する新たな取り組みを発表した。

主なトピック
  • 2024年中盤よりSAS Viyaにモデルカードを搭載
  • 新たなAIガバナンス専任グループを設立

2024年中盤よりSAS Viyaにモデルカードを搭載

 モデルカードとは、AIモデルの構造性能、想定される利用方法などをまとめたもの。同社でデータ倫理に関する取り組みを主導するレジー・タウンゼント(Reggie Townsend)氏は、モデルカードを「AIモデルの『栄養成分表示表』のようなものだ」と述べた。同氏によれば、多くの組織がAIのポテンシャルを認めてはいるものの、倫理やコンプライアンス、ルールや規制への対応などといったデータガバナンスのリスクを恐れ、導入時期や利用方法について慎重になっているという。

SAS Institute Vice President of Data Ethics レジー・タウンゼント(Reggie Townsend)氏
SAS Institute Vice President of Data Ethics
レジー・タウンゼント(Reggie Townsend)氏

 モデルカードは2024年の中頃にリリースされる予定で、SAS製品からコンテンツを登録したモデルのモデルカードを自動生成し、ユーザーがカードを作成する負担を軽減。また、SAS Viyaにはオープンソース管理用のアーキテクチャが搭載されているため、モデルカードはPythonなどのオープンソースモデルにも対応できるとしている。

 モデルカードには公平性や正確性を担保する情報のほか、モデルの最終更新日や作成者、責任者などに関する情報も記録され、モデルのパフォーマンスに異常が生じた際にすぐ対処できる仕組みになっているという。これにより、ユーザーの悩みであるAIのリスクや透明性などといった課題を解決すると、タウンゼント氏は述べている。

新たなAIガバナンス専任グループを設立

 同社のユーザー組織に対し、新たに「AIガバナンス・アドバイザリー」を提供開始するという。組織がAIプロジェクトに取り組む際、同社の専門アドバイザリーチームがユーザー組織と対話し、押さえるべきAIガバナンスの課題やポイントをインテリジェンスとして提供したり、戦略立案のサポートを行ったりするサービスだとしている。

 試験導入では、ユーザーから以下のようなメリットが挙げられたとしている。

  • 信頼できる分散型意思決定による生産性の向上
  • データ活用における説明責任の強化による信頼性の向上
  • 責任あるイノベーションの実践を求める優秀な人材を獲得して保持する能力
  • 「攻めのコンプライアンス」による競争優位性とマーケット・アジリティの向上
  • 社会や環境への潜在的なインパクトに立ち向かうためのブランド価値の拡大

【関連記事】
SASが業界別にパッケージ化されたAIモデルを提供へ 「信頼できる」軽量AIモデルをすぐに運用可能に
SAS、業界別特化の生成AIアシスタント戦略を展開 「SAS Viya Workbench」の一般提供開始も発表
ラスベガスでデータとAIの祭典「SAS Innovate」開幕! AI時代の企業とSASの在るべき姿を描く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

名須川 楓太(編集部)(ナスカワ フウタ)

2022年4月より「Biz/Zine」で取材・編集・執筆を担当。2024年4月にEnterpriseZine編集部に加入。AIやサイバーセキュリティ、データサイエンス等に携わるビジネスパーソン、テクノロジーによる変革を牽引するCIOやCDO、CISOに向けた情報発信を担当します。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19625 2024/05/08 18:05

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング