SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CyberArk、日本法人の執行役社長に柿澤光郎氏が就任 アイデンティティセキュリティ事業強化に注力

 CyberArk Software(以下、CyberArk)は、日本法人の執行役社長に柿澤 光郎(かきざわ みつろう)氏が就任したことを発表した。今後は、同氏が新規市場開拓や事業開発戦略など事業全般を統括するという。

 柿澤氏は前職で、Imperva Japanの代表執行役社長を務めた。これまでに約30年の営業経験を持ち、Impervaのほかに、日本マイクロソフト、シマンテック、ジュニパーネットワークスなどのグローバル企業で要職を務めてきたという。CyberArkでは、これまでのリーダーシップの経験や、エンタープライズ向けサイバーセキュリティソリューションのトレンド・課題に関する専門知識を活かし、日本におけるアイデンティティセキュリティに関する事業展開、およびリーダー企業としてのポジショニング強化を担うとしている。

 柿澤氏は次のように述べている。

 「このたび、CyberArkの日本における事業拡大に貢献できることを大変光栄に思います。クラウドコンピューティングの普及、自動化、生成AI技術の進化により、アプリケーション、ネットワーク及びデータ等のリソースに対するサイバー攻撃の攻撃手法はさらに巧妙化、複雑化しています。人やモノのアイデンティティ セキュリティ保護は、堅牢なセキュリティ体制を維持する上で喫緊の課題です。CyberArkはインテリジェントなアイデンティティセキュリティに秀でており、業界最大級の領域をカバーするアクセス管理ソリューションを提供することで業界をリードしています。CyberArkはアイデンティティセキュリティプラットフォームを通じて、企業が抱えているアクセス管理におけるサイバーセキュリティの課題に真摯に向きあい、強固な保護を提供できるように、パートナーと協力し、多角的なアプローチで課題解決に努めてまいります」

【関連記事】
CyberArk、IDセキュリティの調査結果を発表 正しい意思決定できている組織は約3割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19678 2024/05/15 07:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング