SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CyCraft、アイデンティティ管理の新サービス発表 悪用の危険があるアカウントを生成AIで特定

 CyCraft Japan(以下、CyCraft)は2024年7月、生成AI技術を活用し企業のアイデンティティ・リスク管理を支援する新サービス「XCockpit Identity」の提供開始を発表した。同サービスは、サイバー攻撃者に悪用される可能性のある特権アカウントなど、企業が把握しきれていないアイデンティティ・リスクを特定するためのソリューションで、AIによる攻撃パスシミュレーションとアカウントの特権分析レポートを提供するとのことだ。

 具体的には、既存のアカウント権限の継続的な把握、ハッキングリスクの分析、対策の実施を支援し、Identity Attack Surface Management(IASM)を効率的に運用できるようになるという。CyCraftが独自に開発したAIアルゴリズムを使い、オブジェクト間の関係性を自動分析し、アカウントと権限の設定を可視化。セキュリティ解説のためにチューニングされた言語生成AIの CyCraftGPTを使用して日本語による解説および分析レポートを生成、提供するとのことだ。

生成AI技術CyCraftGPTを使用して、特権アカウント管理の問題を解説(クリックで拡大)

 また、生成AIによる解説のほか、管理者が把握していない特権アカウントやシャドーアカウントも特定するという。AIで生成された攻撃パスシミュレーションにより、管理者は攻撃者が特権を手に入れるために経由するであろう攻撃パスを確認できるとしている。

画像を説明するテキストなくても可
攻撃パスシミュレーションにAI技術を活用し、「攻撃最短経路」を可視化(クリックで拡大)

【関連記事】
ウィズセキュア、クラウドプラットフォーム向けのアイデンティティ保護ソリューションを提供開始
CyberArk、日本法人の執行役社長に柿澤光郎氏が就任 アイデンティティセキュリティ事業強化に注力
Datadog、企業の生成AIアプリを監視・改善・保護する新製品発表 パフォーマンスとコストを最適化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/20004 2024/07/08 15:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング