SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ユーザにデータ復旧の正しい情報を!~専業5社「日本データ復旧協会」を結成

アドバンスデザイン株式会社らデータ復旧関係5社は、2月1日より「日本データ復旧協会」が発足することを発表した。

データ復旧とは、何らかの理由でアクセス不能になったメディアからデータを吸い出すサービスのこと。ソフトウェア上の問題点が原因の「論理障害」から、破損・焼失・水没などの「物理障害」まで、さまざまな原因で損失したデータの復旧を行なう。

日本国内ではデータ復旧事業が始まったのは90年代中盤。以降、事業者数は増加を続け、現在では100社を超える市場となっているが、市場規模の拡大に伴って技術レベルに疑問のある業者や「復旧率100%」などを謳う誇大広告なども現れてきている。

このような状況を受けてデータ復旧専業5社(アドバンスデザイン株式会社、株式会社アラジン、株式会社くまなんピーシーネット、株式会社データサルベージコーポレーション、株式会社ワイ・イー・データ)は、健全な業界発展を目的とした「日本データ復旧協会」を設立するに至ったという。

入会に際しては、「顧客に対し復旧の最終意思を確認する場合、その時点で提供可能な顧客の求める情報を提示している」「HP、新聞発表など対外的に発信する情報は事実を正しく反映したものとする」といった基準を満たしていることが必要になる。今後は、サービス利用者への啓蒙活動などを中心に活動を行なっていく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/2141 2010/01/28 16:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング