EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データセンターや金融機関の監視カメラ運用を統合化~日立電サが「IPカメラ版映像集中管理システム」を提供開始

  2010/01/28 17:30

日立電子サービス(以下「日立電サ」)は、各社IPカメラに対応すると共に、効率的な監視業務を可能にする「IPカメラ版映像集中管理システム」を1月29日より提供開始する。

「IPカメラ版映像集中管理システム」は、IPカメラ、映像蓄積サーバ、保管サーバ、オペレータPC等から構成されるIPカメラの高精細画像のモニタリング・蓄積~検索・閲覧までを統合的に行えるシステム。多数の監視カメラが必要なユーザーを対象とした商品で、特にデータセンタや金融機関が主なターゲットとなる。

日立電サによれば、監視カメラ市場では、アナログからIPへのシフトが進むと共に、ニーズも従来の防犯・防災目的だけでなく、多様化・高度化。入退室管理に加え、行動管理や作業状況の監視に対するニーズがあったり、証跡として使用するために映像の高画質化や、データの長期保存とセンタ集中管理に対するニーズが出てきたという。

本システムでは、個別制御が可能なIPカメラの特徴を活かし、『イベント優先ライブ表示』や『クイック検索』などの新機能や、『自動集中バックアップ』や『障害検知』などの高信頼機能を備えている。

なお、本システムは「日立電サ」が提供する物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor」のラインナップの一つとして、入退室管理等の機能とも連携が可能だという。

提供価格は、IPカメラ10台、サーバ(映像蓄積と保管)1台、管理PC1台の構成で250万円(本体価格238万円)~(工事費別)。

今後3年間で15億円の販売を目指すという。

【関連URL】
・物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor」
 http://navi.e-densa.com/main/detail/webvisor-1.html?ad=l&ns=001


 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5