SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ジャストシステム、「ConceptBase Enterprise Search 2.0」を3月15日に発売

検索キーワードを自動提示し、情報を絞り込むなど機能を強化

「ConceptBase Enterprise Search」は、ビジネス文書活用による業務の生産性や品質の向上を実現する手段を提供する検索システム。高度な日本語解析やビジネス文書解析、業務での文書利用ノウハウの蓄積から生まれた機能により、業務内容や利用者に合わせた最適な情報アクセスを可能にするという。

「ConceptBase Enterprise Search  2.0」の主な機能強化点は下記の通り。

・必要な情報に確実に到達できるように、検索支援機能を強化
入力中の検索キーワードに応じて他のクエリー候補を自動提示する「サジェスト」機能を搭載。膨大な検索結果が表示された場合でも、「関連キーワード」をあわせて表示するため、迅速な情報絞り込みが可能。検索結果はグリッド表示され、新搭載の「スマートフィルタリング」機能を使って、作成者やファイルの種類といった属性でフィルタリングし、必要な情報を効率的に探し出すことが可能。

・検索システムとしての基本性能を向上
検索対象となるデータ規模を1サーバーあたり1TBから3TBに拡大し、検索速度は「ConceptBase Enterprise Search 1.3」比で最大2倍を実現。また、「Microsoft Office 2010」と「OpenOffice.org」で作成した文書も検索可能になった。

・直感的にわかりやすい検索画面を簡単に作成可能
管理者は、用途に応じた検索画面をGUIから簡単に作成。作成した検索画面ごとにURLを割り当てることができるため、業務内容や組織ごとに最適な専用検索システムを用意できる。対象とするデータによって検索画面を構築し、最適な検索の方法を提供。

■製品情報
http://just-enterprise.com/product/cbes/
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/2841 2011/01/19 15:36

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング