EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中堅企業向けERP製品最新版の既存システムの拡張とバージョンアップの時期を柔軟化 日本オラクル、「Oracle Premier Support」のサポート期間変更を発表

  2011/04/18 18:28

日本オラクルは、中堅企業向けERP製品最新版「JD Edwards EntepriseOne 9.0 Update2」と「JD Edwards World A9.2 Update1」のサポート期間を変更すると発表した。
 

サポート期間が新たに設定されたのは、契約に基づいて技術的問い合わせへの対応、システムの不具合を解決するためのパッチの開発や提供、最新版ソフトウェアの提供を行うサポートサービス「Oracle Premier Support」。

新たなサポート期間の設定により、「JD Edwards EntepriseOne 9.0 Update2」の「Premier Support」は、2010年11月より開始して2015年11月末まで、「JD Edwards World A9.2 Update1」の「Premier Support」は2010年5月より開始して2015年5月末までになるという。

いままで、「JD Edwards EntepriseOne 9.0」の「Premier Support」期間は2013年9月末まで、「JD Edwards World A9.2 Update1」は、従来の2014年4月末までだったため、従来よりも柔軟にアップグレードなどのシステムライフサイクルの計画を立てることができるとしている。

■ニュースリリース
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=1323&NewsAreaId=2
 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5