SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マカフィー、セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」最新版を提供開始

Web API機能搭載でセキュリティ管理を簡略化

ePOは、システム、ネットワーク、データ、コンプライアンスソリューションのセキュリティを一元管理する、大企業ユーザー向けのオープンなプラットフォーム。

version 4.6では、使用中の既存のツールからePOの主要な操作を実行可能にするWeb API機能の搭載により、セキュリティ管理の簡略化を実現しているという。また、購入したマカフィー製品や評価版をePO上で入手することができるソフトウェアマネージャー機能を使用することで、最新バージョンのダウンロードや、クライアントへの配備負担の軽減が可能になるとしている。

発表によると、ePO version 4.6の主な特徴は次の通り。

・Web API機能
Web APIを使用することで、主なePO機能を自動化し、セキュリティプラクティスと企業システムを柔軟に関連づけることが可能。

・ソフトウェアマネージャー機能
新しいマカフィー製品や更新情報、別製品の評価版を取得するために、ダウンロードサイトにアクセスする必要がない。通知機能や自動応答機能を設定することで、マカフィー製品の更新やパッチのリリース情報などを自動的に受け取りダウンロード。

・ガイド付き設定
ePO導入時の作業手順をわかりやすく簡単にした、ウィザード形式を新たに採用。ソフトウェアや管理対象システムの登録、ポリシーやタスクの適用など、管理環境構築に必要な項目をまとめて実行することが可能。

・パフォーマンスの向上
エージェントがリポジトリに接続するときに消費するWAN帯域幅やメモリ使用量を低減することでパフォーマンスを向上。

■製品の詳細
http://www.mcafee.com/japan/products/epolicy_orchestrator.asp
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3203 2011/06/07 14:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング