EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウドサービス基盤を整備し「ビッグデータ利活用サービス」と「スマートインフラサービス」を追加 日立、ビッグデータや社会インフラシステムに対応したクラウドサービスを提供開始

  2011/11/24 00:00

日立製作所は、クラウド事業の強化策として、ビッグデータや社会インフラシステムに対応したクラウドサービスを開発し、11月24日から提供を開始すると発表した。
 

このクラウドサービス提供は、ビッグデータの利活用や情報・通信技術による社会インフラシステムの高度化といった市場ニーズに応えるものとしている。

新サービスは、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のサービス基盤として、ビッグデータの収集・蓄積・検索・分析機能をもつ「データ利活用環境」と、社会インフラシステムの運用に関わる情報の分析・知識化処理と制御システムを連携できる「情報制御連携環境」を新たに整備し、サービスメニューとして、「ビッグデータ利活用サービス」と「スマートインフラサービス」を追加する形になるという。

「ビッグデータ利活用サービス」は、企業活動のさまざまな現場で生成される多量のログデータ、M2M(Machine to Machine)関連データ、コンテンツといったビッグデータの収集・蓄積・検索・分析を行い、企業活動に活かしていくためのサービスで、ビッグデータの利活用に関するコンサルティング、システム設計、構築、運用をクラウド環境と連携して実現するものだという。

「スマートインフラサービス」は、社会インフラを制御するシステムの運用に際して発生する多量の運用データをシミュレーションなどによって分析し、その結果を制御システムにフィードバックすることで、さまざまなインフラサービスにおける需要と供給の調整を行うためのサービスで、社会インフラシステムの情報・通信技術による高度化のためのコンサルティング、システム設計、構築、運用をクラウド環境と連携して実現するものだという。

■ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2011/11/1124.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5