SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTソフトウェア、メール誤送信防止の「CipherCraft/Mail」新バージョンを販売開始

メールに含まれる個人情報を自動検出

新バージョンでは、メール本文と添付ファイル内の個人情報自動検出と、複合条件に合致したメールを検知する「組み合わせ条件設定機能」が追加されているという。

・メールに含まれる個人情報を自動検出
 個人情報(住所、姓、電話番号、メールアドレス)がメール本文、添付ファイル(Microsoft Office文書ファイル、PDF)内に一定件数以上含まれる場合、誤送信防止画面上に表示し、スコアによるメールの危険度判定に利用することができるという。

この機能により、送信者に対して個人情報の存在を注意喚起し、個人情報の含まれるメールは上長承認を必須とするなど個人情報の漏えい対策をより強化することができるとしている。

・複合条件に合致したメールを検知
 事前に設定した複合条件(宛先情報/キーワードなど)に合致したメールが検出された場合のみ誤送信防止画面上に表示し、スコアによるメールの危険度判定に利用することができるようになったという。

これにより、宛先の企業ごとに注意すべきキーワードを設定する、社外に対して個人情報の含まれた添付ファイル送信を禁止するなど、企業の運用にあわせた誤送信防止対策やメールフィルタとして利用可能だという。

■製品の詳細
http://www.ntts.co.jp/products/ccraftmail/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3624 2011/11/30 12:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング