EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2010年~2015年の年間平均成長率を4.0%、2015年の市場規模を803億円と予測 IDC、国内ストレージソフトウェア市場動向および予測を発表

  2012/01/17 19:41

IDC Japanは、国内ストレージソフトウェア市場の2011年上半期(1~6月)の売上実績と、2011年から2015年までの予測を発表した。これによると、2011年上半期の国内ストレージソフトウェアの売上は、338億8,300万円、前年同期比成長率は4.0%の成長だったという。
 

発表によると、2011年通年では、686億3,200万円、前年比3.8%の成長となる見込みだという。また、国内ストレージソフトウェア市場の2010年から2015年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%、2015年の市場規模を802億8,000万円と予測している。

ストレージソフトウェア市場の2011年上半期の傾向は、東日本大震災で一時期に企業活動が停止した影響が出た製品分野、ベンダーもあったものの、全般的に市場が受けた影響は少なく、データ保護に対する意識の高まりなどストレージソフトウェア市場にとってプラスとなる要因もあったとしている。

またIDCは、注目を集めているビッグデータの利活用について、現時点でストレージソフトウェア市場の大きな促進要因とはなっていないものの、中長期的には確かな影響があるとしている。ビッグデータは、ソーシャルメディア上の膨大なテキストデータを解析するような事例として取り上げられることが多いが、企業が従来から持っている業務データやトランザクションデータに対しても、分析によってこれまでよりも価値を引き出せるのではないかという見方がされるようになってきているという。

■レポートの詳細
http://www.idcjapan.co.jp/Report/Storage/j12450101.html
 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5