SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IDC、国内ストレージソフトウェア市場動向および予測を発表

2010年~2015年の年間平均成長率を4.0%、2015年の市場規模を803億円と予測

発表によると、2011年通年では、686億3,200万円、前年比3.8%の成長となる見込みだという。また、国内ストレージソフトウェア市場の2010年から2015年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%、2015年の市場規模を802億8,000万円と予測している。

ストレージソフトウェア市場の2011年上半期の傾向は、東日本大震災で一時期に企業活動が停止した影響が出た製品分野、ベンダーもあったものの、全般的に市場が受けた影響は少なく、データ保護に対する意識の高まりなどストレージソフトウェア市場にとってプラスとなる要因もあったとしている。

またIDCは、注目を集めているビッグデータの利活用について、現時点でストレージソフトウェア市場の大きな促進要因とはなっていないものの、中長期的には確かな影響があるとしている。ビッグデータは、ソーシャルメディア上の膨大なテキストデータを解析するような事例として取り上げられることが多いが、企業が従来から持っている業務データやトランザクションデータに対しても、分析によってこれまでよりも価値を引き出せるのではないかという見方がされるようになってきているという。

■レポートの詳細
http://www.idcjapan.co.jp/Report/Storage/j12450101.html
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3723 2012/01/17 19:41

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング