EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウド環境の「見える化」に対応し、複雑なクラウドシステムの構築や改修を支援 日立、クラウドサービスプラットフォームの最新版「Cosminexus Version 9」を発売

  2012/02/28 12:00

日立製作所は、クラウド環境における各種システム状況の「見える化」に対応したクラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」の最新版を2月29日から販売開始すると発表した。
 

今回発売される「Cosminexus Version 9」は、システムの構成情報やITリソースの配置状況などを、「Cosminexus」が備えるテンプレート上で管理、「見える化」することで、クラウド環境でのシステム構築や改修を効率的に行う製品を新たにラインアップしたという。

また、ビッグデータを高速かつ高信頼に処理する新製品、および「Cosminexus」の導入評価や検証のための環境構築を支援する関連サービスや、クラウド事業者向け月割従量制ライセンスもあわせて提供し、クラウドやビッグデータの利活用を多角的に支援するとしている。

日立は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のシステム構築基盤を担う「Cosminexus」を提供してきたが、今回の「Cosminexus Version 9」は、複雑なクラウド環境を「見える化」するというニーズに対応したものと位置付けている。

発表によると、「Cosminexus Version 9」の主な特徴は次の通り。

1.「uCosminexus Service Director」:クラウド環境でのシステム状況を「見える化」し、効率的なシステム構築・改修を実現する新製品

今回新たに追加されたPaaS環境管理製品「uCosminexus Service Director」は、クラウド(PaaS)環境でのシステム構成情報や仮想サーバへのシステムリソースの割り当て状況などを、あらかじめ用意されている用途別テンプレート上で管理できるという。そのため、システム構築およびアプリケーション改修作業において把握すべきシステム状況を的確に「見える化」するという。

また、テンプレートを基に仮想サーバの一括構築が可能なため、効率的なシステム構築・改修を実現するという。これにより、システム改修時における影響範囲が明確になり、改修のための手順や予算などの工数見積りも容易になるほか、ITリソースの配置や構成面での過不足や配置バランスの良し悪しなども把握でき、ITリソース配置の最適化を図ることができるとしている。

2. 「uCosminexus Elastic Application Data store」:ビッグデータの高速処理機能を提供する新製品

ビッグデータの高速処理のためにインメモリ型データグリッド製品の「uCosminexus Elastic Application Data store」が追加された。この製品は、データを複数のサーバのメモリ上で分散処理することで、高速かつ高信頼なデータ処理を行うという。

これにより、アクセス量の多いデータ処理でのサービスレスポンスなどの向上を図ることができるほか、データの分散・多重化により、システムのSPOF(Single-Point of–Failure)を排除して処理の継続性を確保するという。さらに、複数サーバにまたがる処理の履歴を関連づけて取得する障害解析トレースなど、日立独自の機能も備えたことで、複雑なシステム構成においても容易に障害解析を可能にするとしている。
このほか、「uCosminexus Application Server」におけるアプリケーション実行トレース機能の強化により、OSSフレームワーク開発環境での問題箇所の特定がさらに容易になったほか、SOA基盤製品「uCosminexus Service Platform」においても、システム間連携の構成の「見える化」や、運用段階における業務利用状況の「見える化」を実現しているという。

3. 関連サービスおよび従量制ライセンスの提供

今回の最新版とあわせて、「Cosminexus」の導入評価や検証のための環境構築を支援する「ミドルウェア評価環境サービス」も新たに提供開始される。このサービスではアプリケーションサーバ、データベースサーバを搭載した導入評価・検証用マシンの30日間無償で貸し出し、短期間での環境構築を支援するという。また、今回の最新版ではクラウド事業者向けの月割従量制ライセンスも提供しており、初期投資を抑えた迅速な製品導入が可能だとしている。

なお、今後は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のオンデマンドサーバサービスにおいて、ユーザー自身が必要なITリソースを選択して利用できるセルフサービスポータル環境から「Cosminexus Version 9」をはじめとした関連ミドルウェアを利用可能とすることを計画しているという。

■製品・サービスの提供開始時期
「uCosminexus Service Director」:5月31日
「uCosminexus Elastic Application Data store」:3月15日
「uCosminexus Service Platform」:3月15日
「uCosminexus Application Server」:3月15日
「ミドルウェア評価環境サービス」:2月29日

■「Cosminexus」 のWebページ
http://www.hitachi.co.jp/cosminexus/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5