SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クライム、Oracle対応の監査とパフォーマンス分析ソリューション「Ignite for Oracle」を販売開始

パフォーマンスの障害を解消しアプリケーションサービスを改善

「Ignite for Oracle」は、DBA、IT管理、アプリケーション開発者向けの、包括的なデータベースパフォーマンスをモニターおよび分析するソリューションだという。Igniteは、パフォーマンスの障害を解消し、アプリケーションサービスを改善し、Oracleデータベース運用の総合経費を低減するとしている。

発表によると、「Ignite for Oracle」の主な利点と特徴は次の通り。

◎主要な利点

・履歴の傾向分析:秒単位、日単位、月単位、または年単位の期間のパフォーマンスを説明するパターンを表示。

・応答時間をサーバーの正常性に関連付け:各クエリの遅延を追跡して、これをサーバーの正常性およびセッション情報と比較し全体像を提供。

・専門家のアドバイス:Igniteはユーザー応答を改善するには、どの問題を最優先にするべきかを明確にし、実績のある規則をキャプチャ。

・問題に対するアラーム軌跡:アラームアイコンをクリックするだけで、詳細データへの明確な軌跡を示しながら、ユーザーを問題の原因解明へ導く。

◎主要な特徴

・Oracle AWRとの接触がないため、Oracle Tuning Packのライセンスは不要。

・Oracle RACに関連する応答時間のオーバーヘッドを特定して、複雑なRAC問題を診断。

・ロックセッションおよびブロックセッションを追跡し、最近のSQLを識別して、セッションを追跡または強制終了。

・応答時間の遅延を、リアルタイムで、または最大何週間や何ヶ月の履歴で表示。

・グラフィカルなパフォーマンスレポートの任意アドレスへの配信を、自動的にスケジュール。

・プロアクティブ警告を、重大になる前に問題を通知するように設定。

■製品の詳細
http://www.climb.co.jp/soft/ignite/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4090 2012/07/09 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング