Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「RecoverTrac Option」によりシステムリカバリ時間の短縮が可能に アイネット、クラウド型バックアップサービス「DataComfort」に新機能を追加

  2012/08/27 14:00

アイネットは、VAiOSプライベートクラウドサービス上で展開するクラウド型バックアップサービス「DataComfort」に、新機能「RecoverTrac Option」(オプション)を追加すると発表した。これにより、従来の災害復旧にかかるシステムのリカバリー時間を短縮することが可能になるという。
 

VAiOS(Vitualization All in One Service)は、アイネットのクラウドサービスの総称で、バックアップサービスの「DataComfort」やストレージサービスの「CloudStor」などをラインアップしている。

今回、提供されるサービスは、「RecoverTrac Option」の設定およびリソースの確保と、サーバの監視やジョブ実行に伴うプロフェッショナルサービスだという。アイネットでは、新機能追加により「DataComfort」をIT事業継続対策に最適なサービスとして提供していくとしている。

「RecoverTrac Option」により、従来手動で行われていたスナップショットからデータセンターや遠隔DRサイトでのサーバのリカバリーを自動的に行うことができるようになるという。

「RecoverTrac Option」は、「DataComfort」の基本契約が前提となるオプションサービスで、9月30日からの提供を予定しているという。

■「DataComfort」のWebページ
http://www.inet-datacenter.jp/service/cloud/application/datacomfort.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5