SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、ビッグデータに適したスケールアウト型DB製品「InfoFrame Relational Store」を強化

Hadoopとの連携を強化し、分析データの高速加工の実現を図る

「InfoFrame Relational Store」は、NECの北米研究所で開発した独自技術を用いて、データの高速処理とKVS(キーバリューストア)によるシステム拡張が柔軟にできるという特徴を活かしながらRDB(リレーショナルデータベース)と同様の使いやすさを実現できる先進的なデータベースで、2012年2月から発売されているという。

「InfoFrame Relational Store V2.1」は、蓄積した大量データを高速に分析や加工できるようHadoopとの連携機能を新たに実装したという。また、セキュリティ機能を強化し、RDBと同等のアクセス制限などを実現するとしている。

NECでは、この製品を通信・流通・金融をはじめとする幅広い業界の企業やデータセンター事業者などに拡販し、今後3年間で150システムの販売をめざすとしている。

発表によると、「InfoFrame Relational Store V2.1」の主な特徴は次のとおり。

1. Hadoopとの連携強化により、ビッグデータの高速処理を実現
 ・Hadoopから「InfoFrame Relational Store」に格納されているデータを直接アクセスできる「ダイレクトアクセス機能」を新たに提供。Hadoopを利用する際に、「InfoFrame Relational Store」からHadoop用データベース(HDFS)に一旦データをアップロードする作業が不要に。

 ・すでにHadoopで処理したデータ以降に「InfoFrame Relational Store」に蓄積されたデータから、必要データのみをフィルタリングして差分抽出する「差分アクセス機能」を提供。これにより、差分だけを処理対象とするため、高速処理が可能に。

 ・Hadoopで処理したデータを「InfoFrame Relational Store」に並列処理で高速に格納する「パラレルローダ機能」を提供。「InfoFrame Relational Store」の拡張性により、Hadoopで処理したデータを大量かつ長期に保存するデータベースとして活用可能。

2. セキュリティ機能を強化し、RDBと同等のアクセス制限などを実現
 ユーザの追加や削除、パスワードの設定が可能となるほか、各テーブルに対するアクセス権限の付与・削除を可能とするRDBと同等の権限設定機能を提供。これまでKVS製品ではできなかったユーザ認証・アクセス権限を既存システムのアプリケーションと同様に実現。

なお、この製品は11月8~9日に東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2012」において展示されるという。

■製品の詳細
http://www.nec.co.jp/irs/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4255 2012/09/26 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング