SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士ゼロックス、クラウド活用のドキュメント共有環境と文書管理の連携オプションを発売

イントラネット内のドキュメントを社外と安全に簡単に共有できる環境を提供

社内の文書管理環境である「DocuShare」の利用範囲は、イントラネット内やモバイルを活用する社員を中心に利用されていたが、「DocuShare 連携オプション for Working Folder 6.6 ライセンス」と「Working Folder」を活用することで、イントラネット内の「DocuShare」を基点として、クラウドサービス「Working Folder」を介して、社外の取引先などの異なる企業や団体等との間で、いつでもどこでも安全に、簡単に情報共有、情報活用を推進することができるという。

富士ゼロックスは、9月5日にスマートフォンなどのモバイルデバイスを利用して「DocuShare」にアクセスするツールとして「DocuShare モバイルオプション6.6 ライセンス」を発売しており、社外でのモバイルを活用した新しいワークスタイルによる迅速な意思決定と業務遂行を支援する環境を提供していくとしている。

発表によると、「DocuShare 連携オプションfor Working Folder 6.6 ライセンス」の主な特徴は次のとおり。

・イントラネット内に構築された「DocuShare」とインターネット上のクラウドサービス「Working Folder」のフォルダ間でドキュメントを転送する機能を提供するため、「DocuShare」をインターネット上に公開するよりも安全で簡単に情報共有・公開が可能。

・「DocuShare」フォルダにドキュメントを格納すると自動的に「Working Folder」へドキュメントをアップロードするため、イントラネット内の「DocuShare」で簡単に社外への公開情報管理が可能。

・社外からは、社内の「DocuShare」でなく「Working Folder」にアクセスするため、ドキュメントを安全に公開配布可能。

・ドキュメントの転送情報のログを記録するため、社外への情報公開履歴の管理も可能。

■ニュースリリース
http://news.fujixerox.co.jp/news/2012/000783/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4312 2012/10/23 12:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング