EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マイクロソフト、Hyper-V日本語版のダウンロード提供を開始

  2008/06/30 19:50

 マイクロソフト株式会社は、Microsoft Windows Server 2008日本語版において、サーバーの仮想化機能を提供するMicrosoft Windows Server 2008 Hyper-V日本語版(以下Hyper-V)の開発を完了。Windows Server 2008 の購入者を対象としたダウンロードによる提供を30日より開始する。また、7月9日(水)よりMicrosoft UpdateおよびWindows Updateを通しての提供を開始する。

 マイクロソフト株式会社は、Microsoft Windows Server 2008日本語版において、サーバーの仮想化機能を提供するMicrosoft Windows Server 2008 Hyper-V日本語版(以下Hyper-V)の開発を完了。Windows Server 2008 の購入者を対象としたダウンロードによる提供を30日より開始する。また、7月9日(水)よりMicrosoft UpdateおよびWindows Updateを通しての提供を開始する。

 同時に、ハードウェアパートナー各社が出荷しているWindows Server 2008に対応した約100種類のプレインストールモデルのサーバーでも、Hyper-V が正式サポートされ順次使用可能になる。

 Hyper-Vは、ハードウェアの利用率の向上、プラットフォームの最適化およびサーバーの可用性の改善を実現し、企業ユーザーに対して作業効率性とコスト効果が高いサーバー仮想化機能を提供するという。Hyper-Vは、Windows Server 2008の機能とも統合されているため、特にWindows Serverユーザーは、使いなれた操作で容易にサーバー仮想化を導入することができる。ゲストOSとしてWindows Sever 2008、Windows Server 2003、Windows 2000 Server、Windows Vista、Windows XP など、多種のWindowsプラットフォームをサポートしているため、サーバー仮想化の管理とゲストOSの双方を、容易に利用することが可能とのこと。

【関連リンク】
Hyper-Vのダウンロードおよび詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5