SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ニフティクラウド、PaaS機能を正式提供し、コントロールパネルも大幅リニューアル

「RDB」「メール配信」「DNS」「メッセージキュー」の4つのPaaS機能を正式に提供

 リニューアルされたコントロールパネルでは、今回提供を開始した各種PaaS機能とIaaS(Infrastructure as a Service)を合わせて操作することができ、これまで以上に迅速かつ効率的なシステム環境の構築・運用が可能になるとしている。

 今回のリニューアルのポイントは、「各種PaaS機能の管理画面を追加」「グローバルメニューを用意し、IaaSとPaaSを組み合わせたシステムの構築・運用が可能」になったことの2点だという。

リニューアルされたコントロールパネルイメージ
リニューアルされたコントロールパネルイメージ

  正式提供が開始された4つのPaaS機能は次のとおり。

 1. RDB:「ニフティクラウド RDB」
  業務に必要なデータベースサーバーをGUI、APIから管理し、構築・運用を容易することができる「RDB(Relational Database)」をクラウド上で提供。
 ・MySQL(5.5/5.6)、PostgreSQL(9.2)に対応。
  ※PostgreSQL(9.2)はMySQL(5.5/5.6)の対応後に2014年春に提供予定。
 ・RDBの構築、管理、運用、拡張をGUIもしくはAPI経由で利用可能。
 ・アクティブ/スタンバイの冗長構成やリードレプリカ(非同期レプリケーション)の構築機能を用意。
 ・リソースの利用率、ログなどのモニタリング機能を提供。
 ・「ニフティクラウドストレージ」への自動データバックアップ機能を用意。

 2. メール配信:「ニフティクラウド ESS」
  携帯/PC向けの大規模メール配信システム。
 ・携帯大手キャリアにも活用されている、テックファームの「STARMAIL」とのパートナーシップにより実現。
 ・大手3キャリアに対応。NTTドコモの携帯電話へのメール配信の場合、送信先のメールサーバーの特徴を分析し、メール配信のスピードなどをリアルタイムに制御することで、業界最速クラス(テックファーム調べ)の1時間あたり100万通のメール配信を安定して行うことが可能。
 ・インターフェースはSMTP方式を用意(APIは順次提供予定)。

 3. DNS:「ニフティクラウド DNS」
  ユーザーが構築・管理・運用できるDNSサーバー。さらに、ドメイン取得から管理まで一貫したサービスを提供。
 ・ラウンドロビンの重み付けが可能。
 ・サイトダウン時に自動的にアクセスをセカンダリーサイトに振り分けるフェイルオーバーを用意。 

 4. メッセージキュー:「ニフティクラウド Message Queue」
  制御やデータを伝達するメッセージを確実に配信し、サービスやアプリケーションなど、システム間を柔軟に連携させる機能。
 ・格納したデータ順に取り出すことができるFIFO(先入れ先出し)や、一定時間メッセージを監視するロングポーリングなどの機能を提供。
 ・複雑だったクラウド内あるいはクラウドとオンプレミス間のシステム連携やデータ統合をシンプルに実現。
 ・バッチ処理をはじめ、複数のプロセス/サービス間の通信や非同期処理に幅広く利用可能。

【関連リンク】
サービスの詳細

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5466 2013/12/16 15:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング