Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「RDB」「メール配信」「DNS」「メッセージキュー」の4つのPaaS機能を正式に提供 ニフティクラウド、PaaS機能を正式提供し、コントロールパネルも大幅リニューアル

  2013/12/16 15:00

 ニフティが提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」は、12月16日にコントロールパネルを大幅にリニューアルするとともに、「RDB」「メール配信」「DNS」「メッセージキュー」の4つのPaaS機能を正式に提供を開始すると発表した。

 リニューアルされたコントロールパネルでは、今回提供を開始した各種PaaS機能とIaaS(Infrastructure as a Service)を合わせて操作することができ、これまで以上に迅速かつ効率的なシステム環境の構築・運用が可能になるとしている。

 今回のリニューアルのポイントは、「各種PaaS機能の管理画面を追加」「グローバルメニューを用意し、IaaSとPaaSを組み合わせたシステムの構築・運用が可能」になったことの2点だという。

リニューアルされたコントロールパネルイメージ
リニューアルされたコントロールパネルイメージ

  正式提供が開始された4つのPaaS機能は次のとおり。

 1. RDB:「ニフティクラウド RDB」
  業務に必要なデータベースサーバーをGUI、APIから管理し、構築・運用を容易することができる「RDB(Relational Database)」をクラウド上で提供。
 ・MySQL(5.5/5.6)、PostgreSQL(9.2)に対応。
  ※PostgreSQL(9.2)はMySQL(5.5/5.6)の対応後に2014年春に提供予定。
 ・RDBの構築、管理、運用、拡張をGUIもしくはAPI経由で利用可能。
 ・アクティブ/スタンバイの冗長構成やリードレプリカ(非同期レプリケーション)の構築機能を用意。
 ・リソースの利用率、ログなどのモニタリング機能を提供。
 ・「ニフティクラウドストレージ」への自動データバックアップ機能を用意。

 2. メール配信:「ニフティクラウド ESS」
  携帯/PC向けの大規模メール配信システム。
 ・携帯大手キャリアにも活用されている、テックファームの「STARMAIL」とのパートナーシップにより実現。
 ・大手3キャリアに対応。NTTドコモの携帯電話へのメール配信の場合、送信先のメールサーバーの特徴を分析し、メール配信のスピードなどをリアルタイムに制御することで、業界最速クラス(テックファーム調べ)の1時間あたり100万通のメール配信を安定して行うことが可能。
 ・インターフェースはSMTP方式を用意(APIは順次提供予定)。

 3. DNS:「ニフティクラウド DNS」
  ユーザーが構築・管理・運用できるDNSサーバー。さらに、ドメイン取得から管理まで一貫したサービスを提供。
 ・ラウンドロビンの重み付けが可能。
 ・サイトダウン時に自動的にアクセスをセカンダリーサイトに振り分けるフェイルオーバーを用意。 

 4. メッセージキュー:「ニフティクラウド Message Queue」
  制御やデータを伝達するメッセージを確実に配信し、サービスやアプリケーションなど、システム間を柔軟に連携させる機能。
 ・格納したデータ順に取り出すことができるFIFO(先入れ先出し)や、一定時間メッセージを監視するロングポーリングなどの機能を提供。
 ・複雑だったクラウド内あるいはクラウドとオンプレミス間のシステム連携やデータ統合をシンプルに実現。
 ・バッチ処理をはじめ、複数のプロセス/サービス間の通信や非同期処理に幅広く利用可能。

【関連リンク】
サービスの詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5