Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

バックアップストレージ5モデル、アーカイブストレージ2モデルを発表 日本HP、バックアップ/アーカイブのストレージラインアップを刷新

  2013/12/19 15:00

 日本ヒューレット・パッカードは、12月19日、バックアップストレージ製品「HP StoreOnce」のラインアップを刷新し、第4世代新モデルとして5モデルを発表した。同時に、アーカイブストレージ製品「HP StoreAll」のラインアップも刷新し、2モデルを発表した。

 バックアップストレージ製品「HP StoreOnce」で発表されたのは、次の5モデル(カッコ内は税抜き参考価格と出荷開始日)。

 ・「HP StoreOnce 2700 Backup」:小規模環境やリモート拠点向け(1,200,000円~、12月19日)
 ・「HP StoreOnce 4500 Backup」:中規模環境向け(4,000,000円、12月19日)
 ・「HP StoreOnce 4700 Backup」:中規模環境向け(11,000,000円、12月19日)
 ・「HP StoreOnce 4900 Backup」:大規模環境およびデータセンター向け(個別見積もり、12月19日)
 ・「HP StoreOnce 6500 Backup」:大規模環境およびデータセンター向け(個別見積もり、12月19日)

 また、アーカイブストレージ製品「HP StoreAll」では、次の2モデルが発表された。

 ・「HP StoreAll 8200 Gateway」:ゲートウェイタイプ(個別見積もり、12月23日)
 ・「HP StoreAll 8800 Storage」:アプライアンスタイプ(個別見積もり、12月23日)

 バックアップストレージ製品「HP StoreOnce」において、第4世代となる新モデルでは、HP独自の連携型重複排除エンジンをベースに、最新ProLiant Gen8テクノロジーでハードウェアを一新し、大幅に性能、容量を強化したという。

 エントリーモデルの「HP StoreOnce 2700 Backup」では、前モデル(HP StoreOnce 2620i Backup)に比べて使用可能容量を2倍、バックアップ性能を3.7倍に向上。またミッドレンジモデルの「HP StoreOnce 4500 Backup」では、前モデル(HP StoreOnce 4220 Backup)に比べて使用可能容量を2倍、バックアップ性能を4.5倍に向上したという。

 さらに、ソフトウェアによる機能強化として、連携型重複排除「StoreOnce Catalyst」のアプリケーション連携を拡張し、「Oracle RMAN」に対応。これにより、DBからのダイレクトバックアップが可能になるという。

 また、データセキュリティ機能についても強化し、保存データ暗号化とセキュアなデータ消去機能を新たに搭載したほか、上位モデルの「HP StoreOnce 4900 Backup」では、マルチテナント機能に対応したとしている。

 あわせて発表された、アーカイブストレージ製品「HP StoreAll」においてもラインアップを刷新し、性能、機能を強化したゲートウェイタイプ「HP StoreAll 8200 Gateway」とアプライアンスタイプ「HP StoreAll 8800 Storage」の2モデルの提供を開始するという。

 新モデルでは、ハードウェアを一新し、ラックあたり1.6PBの拡張性を実現。また、OpenStackのオブジェクトストレージに対応し、クラウド環境に向けたアーカイブプラットフォームを提供するという。さらに、コンプライアンス対応、高速検索の機能強化が行われたという。

【関連リンク】
「HP StoreOnce Backup」の詳細
「HP StoreAll Storage」の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5