SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を提供開始

「NEC神奈川データセンター」を利用し、ICT資源をサービスとして提供

 このサービスは、「OpenStack」をはじめとするOSS(Open Source Software)を全面的に利用することによって実現しているという。

 このサービスには、NECのデータセンター専用の省電力・高集積サーバ、冷却装置の利用などで高コストパフォーマンスを実現した「NEC Cloud IaaS(スタンダード:STD)」と、基幹業務で長年にわたり実績を有する自社製品を利用し、高性能・高信頼を実現した「NEC Cloud IaaS(ハイアベイラビリティ:HA)」の2種が用意されている。

 「NEC Cloud IaaS」は、サーバやストレージなどのICT資源をサービスとして提供するもので、この1月に開設した「NEC神奈川データセンター」を利用する。

 「NEC Cloud IaaS」の2種のサービスを組み合わせて使うだけでなく「NEC神奈川データセンター」で提供しているハウジングサービスも含めて密連携させることで、顧客システム全体を柔軟かつ容易にクラウド環境へ移行し、運用することが可能になるとしている。

 さらに、顧客構築システム(オンプレミス)や他のクラウド基盤サービスも併せて、統合運用管理が可能なセルフサービスポータルの提供により、ハイブリッドクラウド環境での運用最適化を実現するという。

 このサービスでは、性能や可用性を向上させるために複数の仮想サーバを異なる物理サーバに配置することが可能。また、仮想化せずに物理サーバのまま利用可能なサービスや、複数のサーバを筐体単位で占有可能なサービスも提供する予定だという。

 NECでは、「NEC Cloud IaaS」の導入・運用を支援するために、次のような手段を提供する予定。

 ・「NEC Cloud IaaS」利用時におけるシステム構成の設計パターン集をWeb上で公開。これにより、容易かつ迅速なシステム構成の検討を実現。

 ・性能評価シミュレーションに基づきシステム構成の作成を自動化するツールと、「NEC Cloud IaaS」のICT資源の調達(プロビジョニング)機能や運用管理機能を連携。これにより、最適なシステム構成での導入・維持を実現。

【関連リンク】
「NEC Cloud IaaS」の詳細

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5814 2014/04/25 12:04

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング