EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「NEC神奈川データセンター」を利用し、ICT資源をサービスとして提供 NEC、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を提供開始

  2014/04/25 12:00

 NECは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を4月28日から提供すると発表した。

 このサービスは、「OpenStack」をはじめとするOSS(Open Source Software)を全面的に利用することによって実現しているという。

 このサービスには、NECのデータセンター専用の省電力・高集積サーバ、冷却装置の利用などで高コストパフォーマンスを実現した「NEC Cloud IaaS(スタンダード:STD)」と、基幹業務で長年にわたり実績を有する自社製品を利用し、高性能・高信頼を実現した「NEC Cloud IaaS(ハイアベイラビリティ:HA)」の2種が用意されている。

 「NEC Cloud IaaS」は、サーバやストレージなどのICT資源をサービスとして提供するもので、この1月に開設した「NEC神奈川データセンター」を利用する。

 「NEC Cloud IaaS」の2種のサービスを組み合わせて使うだけでなく「NEC神奈川データセンター」で提供しているハウジングサービスも含めて密連携させることで、顧客システム全体を柔軟かつ容易にクラウド環境へ移行し、運用することが可能になるとしている。

 さらに、顧客構築システム(オンプレミス)や他のクラウド基盤サービスも併せて、統合運用管理が可能なセルフサービスポータルの提供により、ハイブリッドクラウド環境での運用最適化を実現するという。

 このサービスでは、性能や可用性を向上させるために複数の仮想サーバを異なる物理サーバに配置することが可能。また、仮想化せずに物理サーバのまま利用可能なサービスや、複数のサーバを筐体単位で占有可能なサービスも提供する予定だという。

 NECでは、「NEC Cloud IaaS」の導入・運用を支援するために、次のような手段を提供する予定。

 ・「NEC Cloud IaaS」利用時におけるシステム構成の設計パターン集をWeb上で公開。これにより、容易かつ迅速なシステム構成の検討を実現。

 ・性能評価シミュレーションに基づきシステム構成の作成を自動化するツールと、「NEC Cloud IaaS」のICT資源の調達(プロビジョニング)機能や運用管理機能を連携。これにより、最適なシステム構成での導入・維持を実現。

【関連リンク】
「NEC Cloud IaaS」の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5