EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

次世代システム更改に向けて業務系IT基盤を高度化 第一生命がマイクロソフト製品群によるプライベートクラウド環境を9月から運用

  2014/06/30 14:30

 第一生命グループと日本マイクロソフトは、第一生命が中期経営計画の実現、ならびに次世代システム更改に向けて、2014年9月より、最新サーバーOS「Windows Server 2012 R2」をはじめとする日本マイクロソフトの製品群を用いて構成された、最新のプライベートクラウド環境の運用を開始すると発表した。

 第一生命グループは、本創業111周年にあたる2013年度から2015年度までの3年間に、新中期経営計画に基づいた経営目標の実現に取り組み、IT基盤刷新も計画に位置付けていた。

 IT基盤刷新では、最新OSである「Windows Server 2012 R2」を用い、今後のクラウド時代を見据え、パブリッククラウド(例:Microsoft Azure)にも対応できる柔軟性のあるアーキテクチャーをコンセプトとして、次のような対応を行っているという。

 ・「Windows Server 2012 R2」の最新機能(Hyper-V、QoS機能等)を活用することでシステム構成の柔軟性および運用効率性の向上。

 ・BitLockerドライブ暗号化等の活用によるディスク内データの暗号化で安全性の向上。

 ・「Windows Server 2003」からセキュリティ対策およびスケーラビリティが向上した最新OSへの移行促進。

 また、第一生命が運用を予定しているプライベートクラウド環境の特徴は次のとおり。

 1. 最新サーバーOSの機能を活用した、柔軟性の向上と高い運用効率の実現
  最終的にはすべてのWindows Server(1,000台以上)を刷新を行う基盤へ統合予定。新しい基盤では、仮想化技術の強化によるサーバー集約率の向上で物理台数を3分の1以下に削減、媒体の削減も含めたバックアップ運用の効率化、Hyper-Vレプリカの適用でRPO(目標復旧時間)の短縮などを予定。

 2. セキュリティ対策レベルの高度化による安全性の向上
  顧客情報の一元管理とともに、国内の先行事例としてはまだ少数である「Windows Server 2012 R2」で強化された「BitLockerドライブ暗号化」機能を用いた「ディスク全体の暗号化」によるデータ保護により、個人情報を安全に保ちながら、効率的な業務遂行を支援。

 3. 「Windows Server 2003」サポート終了への対応
  「Windows Server 2003」サポート終了への対策をさらに進め、2015年のサポート終了のタイミングまでに、サイバー攻撃等へのセキュリティ対策向上やスケーラビリティの維持向上のため、OSを最新環境へ移行。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5