SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マクニカネットワークス、塩尻市へID連携ソフトウェア「PingFederate」を提供

SNS認証による自治体サービスへのシングルサインオンで高齢者の親族が利用可能に

 塩尻市では、住民に塩尻IDを付与し、従来は紙で住民に配布していた市役所からのお知らせ情報などを、スマートフォンの画面に電子データとして配信する住民ポータルサイトや、土石流情報や水位情報などの減災情報、地域児童見守り情報の提供をサービスとして展開している。

 しかし、高齢者世代にはIT利用サービスの認証が障害となって、利用が進まないという課題を抱えていたという。

 そこで、高齢者本人以外の親族が、普段使い慣れているSNSアカウントから塩尻市の各種サービスへアクセスを可能にすることで、高齢化社会におけるICTの利活用促進と高齢者へのサポートを実現するために、ID連携ソフトウェア「PingFederate」を採用した。

 「PingFederate」の導入により、親族は、予め高齢者本人が自身の塩尻IDと親族のSNSアカウント(普段使い慣れているID)の紐づけを行うことで、高齢者の塩尻IDでログインできる塩尻市の各種サービスにシングルサインオンで利用できる仕組みを確立した。

 それによって、塩尻IDを持つ親から許可を得た息子が東京からフェイスブックのIDを使って安全にID認証連携し、塩尻市の住民サービスを利用することで、親の状態を確認したり、親に必要なサービスを代理登録したりすることが可能になったという。

 今後、塩尻市は、ID認証連携によって住民がサービスを無理なく享受できる基盤を、新しいサービスの開発に応用していくとともに、他自治体へノウハウを展開していくことを計画しているとしている。

【関連リンク】
製品の詳細

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6176 2014/09/24 12:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング