EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、官庁向けに作成時からファイルを暗号化し常時保護管理するソリューションを発売

  2015/01/06 15:30

 NECは、機密情報を扱うことが多い官庁向けに、機密情報を徹底防衛するソリューション「File Security Solution」を2015年1月から販売すると発表した。

 このソリューションは、ファイルを作成時から暗号化し、組織内外を問わず、権限を与えられた対象者以外の閲覧を制限するとともに、誤って組織外に送信した場合でも遠隔操作でファイルを削除できる。

 ファイルが作成されてから削除されるまでの間、常時ファイルを保護すると共に管理下に置くことで、常に誰が、いつ、どのファイルに、どのような操作をしたか把握できるという。

 閲覧している時に暗号を解除していることが多い一般的なファイルセキュリティ製品とは違い、常に暗号化及び認証により保護されているため、外部からの情報搾取や、内部犯行による情報の流出等の情報漏洩を遮断することができるとしている。

 「File Security Solution」の主な特徴は次のとおり。

 1. 組織内部でファイルの保存と同時に自動保護:組織内部で作成される全てのファイルは作成者が保存すると同時に保護。この自動保護機能により、外部からの不正アクセスや標的型攻撃によるファイルの不正取得を行ったとしても、そのファイルに対する操作は不可能。

 2. 組織外部のファイルに対する操作を常に把握可能:組織内部だけでなく外部に送付したファイルに対しても操作ログを常に取得し、送付先でファイルをコピーし、他の組織に拡散した場合でも、常時操作ログを取得可能。また、アクセス権限の無い人がファイルを開こうとした際にアラートを通知し、管理者側でそのファイルを遠隔操作で削除可能。また、ファイルの有効期限を設定も可能。

 3. セキュリティを担保し、かつさまざまな情報共有基盤に適応:情報共有の手段として、メール・共有サーバ・外部記憶媒体等があるが、このソリューションでは、以下の機能によりどの情報共有の手段を利用しても、外部に出す機密情報の安全性を担保。

  •  ファイルに対する適切な権限付与の徹底:外部にファイルを送付あるいは持ち出す際に、上位者による承認フローを設定することで、適切な権限設定がされているかを確認可能。これにより、不適切な権限でのファイルの外部送付や内部犯行によるファイルの不正持ち出しを抑制。
  •  外部への情報の受け渡し方法を自由に選択可能:ファイル自体を暗号化しているため、共有サーバだけでなく、メールへの添付やUSBメモリでの受け渡し等も可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5