EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

人体を検出しパソコンやディスプレイの省エネに貢献 シャープ、OA機器向けの小型測距センサーを開発

  2008/08/20 16:00

 シャープは、OA機器向けの省エネ用途に、従来比約1/6のサイズ(22.0×8.0×7.2mm)を実現した検知距離1.5mの小型測距センサ「GP2Y0A60SZ0F」を開発した。

 シャープは、OA機器向けの省エネ用途に、従来比約1/6のサイズ(22.0×8.0×7.2mm)を実現した検知距離1.5mの小型測距センサー「GP2Y0A60SZ0F」を開発した。

 測距センサーは、着座を検知して便座ヒーターを動作させる温水洗浄便座や手を検知して温風を送るエアータオルなどのサニタリー機器に広く搭載され、省エネや利便性、衛生面などのメリットから市場が拡大しているという。

 測距センサは、パソコンやディスプレイなどのOA機器に搭載することにより、使用者の離席時に自動的にスリープモードに入るといった省エネ機能を実現できるため、OA機器に搭載しやすいように、より一層の小型化が求められている。

 このデバイスは、長年培ってきた光学設計技術を駆使し、レンズと受光素子の小型化と双方の間隔を短縮したほか、抵抗やコンデンサなどを取りこんだICの新規開発などによりって大幅な小型化に成功した。

【関連リンク】
ニュースリリース(シャープ)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5