Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CommVault、BYOD向けモバイルデータ保護ソリューション

  2015/01/26 15:30

 CommVault Systems Japanは、エンドポイントデータ保護用Simpanaソリューションセットライセンス「Simpana for Endpoint Data Protection」の販売を開始すると発表した。

 この製品は、ノートPC、デスクトップPC、モバイルデバイスの効率的なバックアップと、セキュアなアクセスとセルフサービス機能を提供し、モバイルワークの保護を実現するとしている。

 「Simpana for Endpoint Data Protection」は、シンプルなライセンス体系のソリューションセットライセンスで、スタンドアロン製品として利用できる。

 データ損失から企業を守るとともに、データのリストア、セキュアなファイル共有、高度なデータ分析とレポートを可能にするセルフサービス機能を通じて、企業全体の生産性を向上するという。

 「CommVaultのEndpoint Data Protection」ソリューションの主な特徴は次のとおり。

 ■高速なエンドポイントのバックアップとリカバリ

  •  ソース側での重複排除、デスクトップPCやノートPCに適したスケジューリング機能、帯域幅制限機能を備え、ノートPC、デスクトップPCを高速、効率的、セキュアかつ透過的に保護し、エンドポイントデータの管理を実施。
  •  ポリシー ベースのアプローチで知的財産を保護することで、ビジネス上のリスクを低減。
  •  ウェブポータル、モバイル アプリ、またはWindows Explorerを使ってネイティブに、いつでもどこでも保護したデータにアクセスできることで、生産性を向上。

 ■セキュアなファイル共有

  •  ノートPCとモバイル デバイス間でファイルにアクセスできるため、社員は必要なファイルを必要な時に入手可能。
  •  企業レベルのコラボレーションを実現。IT部門を介することも、リスクのあるコンシューマ向けのクラウドサービスも不要。
  •  センシティブなビジネス データの安全を確保し、会社のデータ ガイドラインに合うようITポリシーをカスタマイズ可能。

 ■コンプライアンスとeディスカバリの統合

  •  企業すべてのデータの検索、証拠開示、リーガル ホールドによりガバナンスを向上。
  •  企業すべてのデータを一回で収集し、そのESI (電子情報) をまとめて検索できることで、法的対応時間を早め、迅速なコンプライアンスを促進。
  •  ロールベースのアクセスでセキュリティと効率性を提供し、検索したデータをリーガル ホールドに容易に置くことが可能。

 ■包括的なセキュリティおよびデータ損失防止機能

  •  リモートからのデータ消去機能により、重要なビジネス データが盗まれたり、不測の出来事によるデータ損失のリスクを最小限に抑制。
  •  業界/行政の規制/基準に準拠して、データの転送時と保管時にデータを暗号化しておくことで、データのセキュリティとコンプライアンスを確保。
  •  ファイル/フォルダを選択的に暗号化することで、不正アクセスを防止。

 ■分析機能によりデータを可視化し、洞察とインテリジェンスを獲得

  •  優れた洞察により、十分な情報に基づく意思決定が可能。
  •  包括的かつ見やすいダッシュボードで、コンプライアンス要件を評価可能。
  •  会社、グループ、または個人のエンドポイント データを、ファイルの種類、更新日、サイズなどの観点から管理。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5