SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立ソリューションズ、ファイルサーバーの機密文書を暗号化し集約する「活文」の最新版

 この製品により、ファイルサーバー内の不要ファイルを見える化し、適切なコンテンツ管理を図るとともに、情報漏えいのリスクを軽減することが可能となるという。

 「活文 File Server Optimizer セキュリティオプション」は、予め設定したキーワードをもとに、ファイル名やフォルダ名から機密度が高いと想定されるファイルを抽出し、自動的に暗号化して指定フォルダに移動する。

 また、利用者が移動元に残されたリンクファイル(ショートカット相当)をクリックしてファイルにアクセスすると、暗号化された文書は自動的に復号される。

 これにより、たとえマルウェアの被害に合っても、機密度が高いと想定されるファイルはリンクファイル、もしくは暗号化ファイルが持ち出されるだけで済み、情報システム部門は、利用者の操作性を損なうことなく、ファイルサーバー内の機密情報を一括で管理することができるようになるとしている。

 なお暗号化は、多くの実績を有する情報漏えい防止ソリューション「秘文」の技術で実現している。

 さらに、「活文 File Server Optimizer」の見える化の機能のみに限定した簡易版と「活文 File Server Optimizer セキュリティオプション」を組合せて日立製作所の「日立アドバンストサーバ HA8000」シリーズにプレインストールし、セットでの提供を開始する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6626 2015/03/04 11:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング