EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

カスペルスキー、製造業やインフラ事業者などを対象にゲーム形式の対サイバー攻撃演習「KIPS」を提供

  2015/03/17 16:50

 カスペルスキーは、サイバー攻撃による重要インフラへの影響をゲーム形式で体験しながら、システムの運用上のリスクや投資に見合った有効な対策を学習できる対サイバー攻撃演習「Kaspersky Industrial Protection Simulation(KIPS)」の本格提供を3月20日から開始すると発表した。

 「KIPS」は、ボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせた対サイバー攻撃演習で、製造業や重要インフラ事業者などを対象に、正規トレーニングパートナーであるMHPSコントロールシステムズから販売される。所要時間は約2時間で、最小催行人数10名、価格は30万円(税別)からだという。

 KIPSの参加者は、数名ずつのグループに分かれ、条件や指示が書かれた30枚のカードと決められた予算、作業時間を有効に使いながら、サイバー攻撃を受けている水処理施設を守るための効果的な対抗策を実施する。

 5週間という仮想期間内で、最も高い生産高を維持したチームが勝つというゲーム性を持たせつつ、ゲーム終了後には、どのような対応が適切だったのか、また攻撃者のシナリオと各チームの打ち手を比べながら、参加者全員がゲーム上で発生した事象に対する考察と理解を深めるという。

 Kaspersky Labは、これまでに米国、ロシア、マレーシア、英国など10か国以上でKIPSを提供しており、2015年2月には欧州原子核研究機構(CERN)においてもゲームを実施した。日本でも2014年5月より一部で試験提供を開始し、参加者からは「ゲーム形式で楽しく学ぶことができた」などのフィードバックを得ているという。

 カスペルスキーでは、今後、発電施設などへのサイバー攻撃のシナリオを用意し、より専門性の高い重要インフラ事業者に演習の提供を拡大する予定だとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5